ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

dfilt.latticear

離散時間ラティス自己回帰フィルター

構文

Hd = dfilt.latticear(k)
Hd = dfilt.latticear

説明

Hd = dfilt.latticear(k) では、ラティス係数が k の離散時間ラティス自己回帰フィルター Hd が返されます。

Hd = dfilt.latticear では、k=[ ] の既定の離散時間ラティス自己回帰フィルター Hd が返されます。このフィルターでは、入力が変化せずそのまま出力されます。

結果として得られるフィルター状態の列ベクトルは、以下のようになります。

[z(1)z(2)z(3)]

以下のラティス係数を使用して、dfilt オブジェクト Hd に対して、3 次ラティス自己回帰フィルター構造を作成します。

k = [.66 .7 .44];
Hd = dfilt.latticear(k)
この情報は役に立ちましたか?