ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

dfilt.delay

遅延フィルター

構文

Hd = dfilt.delay
Hd = dfilt.delay(latency)

説明

Hd = dfilt.delay では、delay タイプの離散時間フィルター Hd が返されます。これは、Hd でフィルター処理された任意の信号に単一の遅延を追加するものです。フィルタリングされた信号では、値が 1 サンプル分シフトされます。

Hd = dfilt.delay(latency) では、delay タイプの離散時間フィルター Hd が返されます。これは、Hd でフィルタリングされた任意の信号に latency で指定された単位の遅延数を追加するものです。フィルタリングされた信号では、値が latency のサンプル分シフトされます。シフトされた信号の前に表示される値は、フィルターの状態です。

latency が 4 の delay フィルターを作成し、簡単な信号をフィルタリングして、遅延を適用した効果を表示します。

h = dfilt.delay(4) 
h = 
     FilterStructure: 'Delay'
             Latency: 4      
    PersistentMemory: false  

sig = 1:7	     % Create some simple signal data
sig =
     1     2     3     4     5     6     7

states = h.states    % Filter states before filtering
states =
     0
     0
     0
     0

filter(h,sig)       % Filter using the delay filter
ans =
     0     0     0     0     1     2     3

states=h.states     % Filter states after filtering
states =
     4
     5
     6
     7

参考

この情報は役に立ちましたか?