ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

bohmanwin

ボーマン ウィンドウ

構文

w = bohmanwin(L)

説明

w = bohmanwin(L) では、列ベクトル wL 点のボーマン ウィンドウが返されます。ボーマン ウィンドウは、2 つの半周期の余弦ローブのたたみ込みです。時間領域では、三角ウィンドウと 1 周期分の余弦値との積に、境界で 1 階微分係数が 0 に設定されるように項が追加されます。ボーマン ウィンドウは、1/w4 で減衰します。

すべて展開する

ボーマン ウィンドウ

64 点のボーマン ウィンドウを作成します。wvtool を使用して結果を表示します。

L = 64;
bw = bohmanwin(L);
wvtool(bw)

詳細

すべて展開する

アルゴリズム

ボーマン ウィンドウの係数を計算する式を次に示します。

w(x)=(1|x|)cos(π|x|)+1πsin(π|x|)1x1

ここで x は、linspace を使用して値を線形に配置した、長さ L のベクトルです。ボーマン ウィンドウの最初と最後の要素は強制的に一様にゼロとなります。

参考文献

[1] Harris, Fredric J. “On the Use of Windows for Harmonic Analysis with the Discrete Fourier Transform.” Proceedings of the IEEE®. Vol. 66, January 1978, pp. 51–83.

この情報は役に立ちましたか?