ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

besselap

ベッセル アナログ ローパス フィルターのプロトタイプ

構文

[z,p,k] = besselap(n)

説明

[z,p,k] = besselap(n) では、n 次のベッセル アナログ ローパス フィルターのプロトタイプの極とゲインが返されます。n は 25 以下でなくてはなりません。極は長さ n の列ベクトル p に、ゲインはスカラー k にそれぞれ返されます。z は、零点がないため空行列となります。伝達関数は、次のように表されます。

H(s)=k(sp(1))(sp(2))(sp(n))

besselap では、低周波数帯と高周波数帯においてベッセル プロトタイプが同じ次数のバタワース プロトタイプと漸近的に等しくなるように、極とゲインが正規化されます。詳細は[1]を参照してください。フィルターの振幅は、単位元カットオフ周波数 Ωc = 1 で 1/2 未満となります。

アナログ ベッセル フィルターは、ゼロ周波数で群遅延が最大フラットとなり、通過帯域全体でほぼ一定となるという特徴があります。ゼロ周波数での群遅延は、次のように表されます。

((2n)!2nn!)1/n

すべて折りたたむ

6 次のベッセル アナログ ローパス フィルターを設計します。その振幅応答と位相応答を表示します。

[z,p,k] = besselap(6);        % Lowpass filter prototype
[num,den] = zp2tf(z,p,k);     % Convert to transfer function form
freqs(num,den)                % Frequency response of analog filter

アルゴリズム

besselap では、Symbolic Math Toolbox™ を使用して作成されたルックアップ テーブルからフィルターの根が求められます。

参考文献

[1] Rabiner, L. R., and B. Gold. Theory and Application of Digital Signal Processing. Englewood Cliffs, NJ: Prentice-Hall, 1975, pp. 228–230.

拡張機能

R2006a より前に導入

この情報は役に立ちましたか?