ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

マルチレート信号処理

間引き、内挿、ダウンサンプリング、アップサンプリング、アンチエイリアシング フィルター

等間隔データまたは非等間隔データを新しい固定レートにリサンプリングします。間引きと線形内挿または高次内挿をエイリアシングを発生させずに実行します。

関数

decimate 間引き — サンプルレートの低減
downsample 整数ファクターによるサンプルレートの低減
interp 内挿 — サンプルレートを整数ファクターにより増加
interp1 1 次データ内挿 (テーブル ルックアップ)
pchip 区分的 3 次エルミート内挿多項式 (PCHIP)
resample 均一または不均一なデータを新しい固定レートでリサンプリング
spline 3 次スプライン データ内挿
upfirdn アップサンプリング、FIR フィルターの適用、ダウンサンプリング
upsample 整数ファクターによるサンプルレートの増加

トピック

ダウンサンプリング -- 信号位相

この例では、downsample を使用して、信号の "位相" を求める方法を示します。

ダウンサンプリング -- エイリアシング

この例では、信号のダウンサンプリングに際してエイリアシングを回避する方法を示します。

ダウンサンプリング前のフィルター処理

この例は、ダウンサンプリングする前にフィルター処理をして、エイリアシングによる歪みを軽減する方法を示しています。

アップサンプリング -- イメージング アーチファクト

この例は、信号のアップサンプリングの方法およびアップサンプリングがどのような "イメージ" をもたらすかを示しています。

アップサンプリング後のフィルター処理 -- 内挿

この例は、信号のアップサンプリングの方法および interp によるローパス内挿フィルターの使用方法を示しています。

サンプル アンド ホールド システムのシミュレート

この例では、信号のアップサンプリングおよびフィルター処理を行うことでサンプル アンド ホールド システムの出力をシミュレートする方法をいくつか紹介します。

リサンプリング

異なるサンプルレートで信号をリサンプリングするための関数

信号のサンプルレートの変更

この例では、信号のサンプルレートの変更方法を説明します。

マルチレート フィルター バンクの実装

関数 upfirdn は、整数比 P/Q によって信号のサンプルレートを変更します。

この情報は役に立ちましたか?