ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Signal Processing Toolbox

信号処理と解析の実行

Signal Processing Toolbox™ には、信号の生成、測定、変換、フィルター処理および可視化を行うための関数とアプリが用意されています。このツールボックスには、信号のリサンプリング、平滑化および同期、フィルターの設計と解析、パワー スペクトルの推定、ならびにピーク、帯域幅および歪みの測定のためのアルゴリズムが含まれています。ツールボックスには、パラメトリクス モデリングと線形予測モデリングのアルゴリズムも含まれています。Signal Processing Toolbox を使用し、時間、周波数および時間-周波数領域における信号の解析と比較、パターンとトレンドの特定、特徴の抽出、カスタム アルゴリズムの開発と検証を行うことでデータの本質を理解できます。

Signal Processing Toolbox 入門

Signal Processing Toolbox の基礎を学ぶ

信号の生成と前処理

信号の作成、リサンプリング、平滑化、ノイズ除去およびトレンド除去

測定と特性抽出

ピーク、信号統計、パルスおよび遷移の計量、パワー、帯域幅、歪み

相関とたたみ込み

相互相関、自己相関、相互共分散、自己共分散、線形および循環たたみ込み

デジタル フィルターとアナログ フィルター

FIR および IIR、シングルレートおよびマルチレート フィルターの設計、解析および実装

変換

フーリエ、チャープ Z、DCT、ヒルベルト、ケプストラム、ウォルシュ・アダマール

スペクトル解析

パワー スペクトル、コヒーレンス、時間-周波数解析、ウィンドウ

信号モデリング

線形予測、自己回帰 (AR) モデル、ユール・ウォーカー、レビンソン・ダービン

振動解析

次数および周波数マップ、次数トラッキング、次数スペクトル、周波数応答関数、モード解析

この情報は役に立ちましたか?