ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Signal Processing Toolbox 製品の説明

信号処理と解析の実行

Signal Processing Toolbox™ には、信号の生成、測定、変換、フィルター処理および可視化を行うための関数とアプリが用意されています。このツールボックスには、信号のリサンプリング、平滑化および同期、フィルターの設計と解析、パワー スペクトルの推定、ならびにピーク、帯域幅および歪みの測定のためのアルゴリズムが含まれています。ツールボックスには、パラメトリック モデリングと線形予測モデリングのアルゴリズムも含まれています。Signal Processing Toolbox を使用し、時間、周波数および時間-周波数領域における信号の解析と比較、パターンとトレンドの特定、特徴の抽出、カスタム アルゴリズムの開発と検証を行うことでデータの本質を理解できます。

主な機能

  • 高速フーリエ変換 (FFT)、短時間フーリエ変換 (STFT)、ヒルベルト変換などの信号変換

  • FIR および IIR フィルターの設計と解析

  • 遷移およびパルスの計量、帯域パワー、帯域幅、歪みなどの測定

  • パワー スペクトル推定アルゴリズムとデータ ウィンドウ処理関数

  • 自己相関や相互相関などの統計的信号測定

  • 線形予測およびパラメトリック時系列モデリング

  • 波形およびパルス生成関数とデータ リサンプリング関数

この情報は役に立ちましたか?