ドキュメンテーション

このページは前リリースの情報です。該当の英語のページはこのリリースで変更されています。最新情報を確認するには、ページ左下にある国リストで [United States] を選択し、英語ドキュメンテーションに切り替えてください。

空気圧モデル

基本的な空気圧ブロックとモデル化手法

Pneumatic ライブラリには空気圧ドメインのブロックが含まれており、要素、ソースおよびセンサーにまとめられています。これらのブロックを、物理システムを組み立てるのと同じように接続します。マルチドメインの物理システムをモデル化するには、他の Foundation ライブラリやアドオン製品のブロックと共にこれらのブロックを使用します。

Utilities ライブラリには Gas Properties ブロックが含まれており、これを使うと接続された空気圧ループの気体特性を指定できます。こうした気体特性は、シミュレーション時間中は一定であると仮定されます。

この情報は役に立ちましたか?