ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

非線形インダクター

この例では、インダクタンスが電流に依存する非線形インダクターの実装を示します。数値効率を最大限に上げるために、基礎となる動作が電流依存磁束の観点で定義されています。磁束を微分して電圧を得るために、磁化の遅延が含められます。その遅延が問題の最速周波数より少なくとも 1 桁速ければ、シミュレーションの結果がこの遅延から受ける影響は比較的小さくなります。[Define parameters] をダブルクリックすると、ソース パラメーターと遅延パラメーターを変更できます。

ここで、磁束-電流関係は双曲線正接によって定義されます。(たとえば) 鉄心が飽和したために大きな電流で磁束が飽和する典型的な曲線が示されます。特定の磁束-電流関係をモデル化するには、tanh 関数を Simscape™ Foundation ライブラリ内の PS Lookup Table (1D) で置き換えます。

この情報は役に立ちましたか?