ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

住宅の暖房システム

この例では、ヒーター、サーモスタットおよび熱的に異なる特性を示す 4 つの部分 (室内の空気、住宅の壁、窓および屋根) をもつ家屋構造で構成される、単純な住宅の暖房システムをモデル化する方法を説明します。

住宅はその壁、窓、および屋根を通じて環境との間で熱を交換します。各パスは、熱対流、熱伝導、および熱質量の組み合わせとしてシミュレートされます。ヒーターは部屋の温度が 18℃ より下がると熱い空気を送り出し始め、温度が 23℃ を超えるとオフになります。

シミュレーションを実行し、"Results" スコープを開いて結果を可視化します。暖房コスト、室温、および屋外の気温がスコープにプロットされます。時間は時 (hour) 単位で指定されます。

手動スイッチを使用すると、暖房システムをオフにした状態でシステムの動作を調べることができます。

この情報は役に立ちましたか?