ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

オプションの設定と変更

オプションの設定方法として、関数 optimoptions を使用することを推奨します。たとえば、fmincon アルゴリズムを sqp に設定するには、反復表示を設定して、ConstraintTolerance 許容誤差の小さな値を設定します。

options = optimoptions('fmincon',...
    'Algorithm','sqp','Display','iter','ConstraintTolerance',1e-12);

    メモ:   fminbndfminsearchfzerolsqnonneg のソルバーには、optimoptions の代わりに optimset を使用します。これらのソルバーは Optimization Toolbox™ のライセンスを必要としません。

以下のようにオプションを変更します。

  • ドット表記。たとえば、

    options.StepTolerance = 1e-10;
  • optimoptions。たとえば、

    options = optimoptions(options,'StepTolerance',1e-10);
  • resetoptions によってオプションを既定値にリセット。たとえば、

    options = resetoptions(options,'StepTolerance');

    一度に複数のオプションをリセットするには、{'Algorithm','StepTolerance'} のようにオプション名のセル行列を渡します。

    メモ:   ソルバーの呼び出しで必ず options を渡すようにしてください。たとえば、

    [x,fval] = fmincon(@objfun,x0,[],[],[],[],lb,ub,@nonlcon,options);

また、最適化アプリを使用してオプションの設定と変更を行うこともできます。

詳細

この情報は役に立ちましたか?