ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

連立非線形方程式系

一連の非線形方程式の根を求める

関数

fsolve 非線形方程式系を解く
fzero 非線形関数の根

例および操作のヒント

解析ヤコビアンによる非線形方程式

この例では既定の Trust-region-dogleg 法 fsolve アルゴリズムの使用を示します (「大規模アルゴリズムと中規模アルゴリズム」を参照)。

有限差分ヤコビアンによる非線形方程式

「解析ヤコビアンによる非線形方程式」の例では、関数 bananaobjF を評価し、ヤコビアン J を計算します。

ヤコビ スパース パターンを使った非線形方程式

「解析ヤコビアンによる非線形方程式」の例では、関数 nlsf1F の計算値を使ってスパースなヤコビアン J を計算します。

制約をもつ非線形システム

fsolve は連立非線形方程式系を解きます。

概念

方程式の解法の定義

n 個の一連の非線形関数 Fi(x) があるとします。

Trust-region-dogleg 法

他の方法としては線形連立方程式系を解いて探索方向を求める方法があります。

信頼領域 Reflective fsolve アルゴリズム

Optimization Toolbox™ のソルバーで使用される多くのメソッドは、"信頼領域法" を基にしています。

レーベンバーグ・マルカート法

レーベンバーグ・マルカート法 ( 「[25]」 および 「[27]」) は、探索方向として次の線形方程式の解を使います。

\ アルゴリズム

このアルゴリズムは \ (mldivide) についての MATLAB® 算術演算子の節で説明されています。

fzero アルゴリズム

fzero はスカラー変数 x のスカラー関数 f の根を見つけようとします。

この情報は役に立ちましたか?