ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

二次計画法

2 次目的関数および線形制約を使用した問題の解法

関数

quadprog 二次計画法

例および操作のヒント

範囲に制約のある二次の最小化

'trust-region-reflective' アルゴリズムをもつ関数 quadprog を使用して、上下限のある大規模な二次問題を最小化することができます。

密な構造化されたヘッシアンを使った二次最小化

quadprog 信頼領域 Reflective 法では、ヘッシアンが密であっても構造化されていれば、大規模な問題を解くことができます。

内点法アルゴリズムを使った大規模なスパース二次計画法

この例は、スパース問題を解くときにスパース演算を使用することの価値を示しています。

概念

二次計画法の定義

二次計画法は線形制約に従って、二次関数を最小化するベクトル x を見つける問題です。

interior-point-convex quadprog アルゴリズム

interior-point-convex アルゴリズムは以下の手順を実行します。

trust-region-reflective quadprog アルゴリズム

Optimization Toolbox™ のソルバーで使用される多くのメソッドは、"信頼領域法" を基にしています。

active-set quadprog アルゴリズム

問題 quadprog の処理を再度扱います。

この情報は役に立ちましたか?