ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

並列計算

制約付き非線形最小化問題または多目的最適化問題を並列評価によって解く

例および操作のヒント

Optimization Toolbox での並列計算の使用

並列での自動勾配推定

マルチコア プロセッサでの並列計算の使用方法

マルチコア プロセッサを使用している場合は、並列処理を使用すると速度が向上することがあります。

マルチプロセッサ ネットワークでの並列計算の使用

ネットワーク上に複数のプロセッサがある場合は、Parallel Computing Toolbox™ 関数と MATLAB® Distributed Computing Server™ ソフトウェアを使用して並列計算を設定します。

並列計算のテスト

問題が正しく並列処理されるかをテストするには以下を行います。

Parallel Computing Toolbox™ を使用した、時間のかかる最適化問題の最小化

この例では、Optimization Toolbox™ と Global Optimization Toolbox の関数を使用して、時間のかかる最適化問題の最小化を高速で行う方法を説明します。

概念

Optimization Toolbox 関数の並列計算

最適化に複数のプロセッサを使用します。

並列最適化機能

並列計算は 1 つの問題に対して複数のプロセッサを使用する手法です。

勾配の並列推定

1 つのソルバー サブルーチンは自動的に並列計算されます。

入れ子形式の並列関数

ソルバーは Parallel Computing Toolbox の関数 parfor を使用して勾配の並列推定を実行します。

並列計算によるパフォーマンスの向上

最適化の高速化に関する考慮事項です。

スピードに影響を与える要因

いくつかの要因が並列処理の実行速度に影響を与えます。

結果に影響を与える要因

並列処理を使用すると、いくつかの要因が数値結果に影響を与えます。

大域的な最適値の検索

大域的な最適解を見つけるための 1 つの方法は、さまざまな初期点からのソルバーを実行することです。

この情報は役に立ちましたか?