ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

変数

関数またはワークスペース間でのデータの共有、有効な変数名の生成

関数

isvarname 入力が有効な変数名かどうかを判別
matlab.lang.makeUniqueStrings 入力文字列からの一意の文字列の作成
matlab.lang.makeValidName 入力文字列からの有効な MATLAB 識別子の作成
namelengthmax 識別子の最大長を出力
persistent 永続変数の定義
mlock メモリからの関数の削除を防ぐ
munlock メモリから関数を消去できる状態にします。
mislocked メモリ内で関数がロックされているかどうかを判定
assignin 指定ワークスペースの変数に値を割り当てる
global 変数をグローバルとして宣言

例および操作のヒント

ワークスペース間でのデータの共有

このトピックでは、ワークスペース間で変数を共有する方法、または次回の関数実行まで変数を存続させる方法について説明します。

エディターでの変数スコープのチェック

スコープの問題は、一部のコードの問題の原因となります。

概念

変数名

変数名の規則とガイドライン

ベース ワークスペースと関数ワークスペース

スクリプトおよび関数で作成された変数のワークスペース

この情報は役に立ちましたか?