ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

スプレッドシート

Microsoft® Excel® スプレッドシート

.xls ファイルや .xlsx ファイルなどのスプレッドシート ファイルでデータの読み取りおよび書き込みを行います。スプレッドシートのデータをインポート ツールを使用して対話的にインポートします。スプレッドシートのデータをこのページの関数を使用してプログラムでインポートまたはエクスポートします。スプレッドシート ファイルをインポートする主な方法を比較するには、スプレッドシートをインポートする方法を参照してください。

関数

すべて展開する

インポート ツールファイルからデータをインポート
readtableファイルからのテーブルの作成
writetableファイルへのテーブルの書き込み
xlsfinfoファイルに Microsoft Excel スプレッドシートが含まれるかどうかの判別
xlsreadMicrosoft Excel スプレッドシート ファイルを読み取る
xlswriteMicrosoft Excel スプレッドシート ファイルへの書き込み
importdataファイルからデータを読み込む
detectImportOptionsファイルの内容に基づくインポート オプションの作成
getvaropts変数インポート オプションの取得
setvaropts変数のインポート オプションの設定
setvartype変数のデータ型の設定

オブジェクト

SpreadsheetDatastoreスプレッドシート ファイルのデータ ストア
SpreadsheetImportOptionsスプレッドシートのインポート オプション オブジェクト

トピック

スプレッドシートをインポートする方法

スプレッドシート ファイルから MATLAB® へのデータのインポートは、インポート ツールを使用して対話的に操作することも、インポート関数を使用してプログラムとして実行することもできます。

Excel スプレッドシートへのデータの書き込み

この例では、ワークスペース内の table を関数 writetable を使用して、Microsoft® Excel® のスプレッドシート ファイルにエクスポートする方法を説明します。

テーブルのインポート オプションの定義

データ インポートのカスタマイズ、およびインポート プロセスに対する追加の制御にはインポート オプションを定義して使用する。

スプレッドシートのインポートとエクスポートのシステム要件

サポートされているファイル拡張子、システム要件、およびインポート/エクスポート関数。

この情報は役に立ちましたか?