ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

スクリプト

基本的なプログラム ファイル

スクリプトは、最もシンプルなタイプのプログラム ファイルです。コマンド ラインから繰り返し行う必要がある計算や、参照する必要のある一連のコマンドなど、一連の MATLAB® コマンドを自動的に実行するときに便利です。

関数

edit ファイルの編集または作成
input ユーザー入力を要求
publish MATLAB ファイルの表示を指定した形式で生成します。
notebook MATLAB Notebook を Microsoft Word で開く (Microsoft Windows プラットフォーム上)。
grabcode HTML にパブリッシュしたファイルから MATLAB コードの抽出
snapnow イメージのスナップショットのパブリッシュされたドキュメントへの強制的な包含

例および操作のヒント

スクリプトの作成

スクリプトは、入出力引数のない最も単純な形のプログラム ファイルです。

コメントのプログラムへの追加

コードを記述する際は、常にそのコードについて説明するコメントを追加することをお勧めします。

コード セクションの実行

MATLAB ファイルの各セクションをセルとして定義します。セルを使って MATLAB ファイルを HTML のような形式にパブリッシュします。MATLAB ファイルの値をエクスペリメント/インクリメントして変更し、実行することにもセルが使用できます。

MATLAB Notebook の Microsoft Word での作成

Microsoft® Word で MATLAB Notebook を作成し、コマンドを入力して他の基本的なタスクを行います。

概念

スクリプトと関数

スクリプトは、入出力を必要としない簡単なプログラムです。関数は、呼び出し側と入出力データをやり取りする、より複雑なプログラムです。

コードを提示するためのオプション

MATLAB には、コードを他のユーザーに提示するオプションがあります。

MATLAB コードのパブリッシュ

マークアップをコードに追加して、書式化されたドキュメントを作成します。

パブリッシュ マークアップ

MATLAB のコメントのパブリッシュを準備します。

パブリッシュの出力設定

パブリッシュ構成を使用して、指定した変換の入力引数値とプロパティを含む MATLAB ファイルを変換します。

この情報は役に立ちましたか?