ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

xmlwrite

XML ドキュメント オブジェクト モデル ノードを書き込む

構文

xmlwrite(filename,DOMnode)
str = xmlwrite(DOMnode)

説明

xmlwrite(filename,DOMnode) は、ドキュメント オブジェクト モデル (DOM) ノード DOMnode をファイル filename に書き込みます。

str = xmlwrite(DOMnode) は、DOM ノードを文字列にシリアル化します。

入力引数

filename

ローカル ファイル名または URL を指定する単一引用符に囲まれた文字列。

DOMnode

World Wide Web consortium で規定された ドキュメント オブジェクト モデル。詳細は、「XML ドキュメント オブジェクト モデル (DOM) とは」を参照してください。

出力引数

str

シリアル化された DOM ノードを XML ファイルに現れたとおりに格納する文字列。

XML ドキュメントを作成、表示します。

docNode = com.mathworks.xml.XMLUtils.createDocument... 
    ('root_element')
docRootNode = docNode.getDocumentElement;
docRootNode.setAttribute('attr_name','attr_value');
for i=1:20
    thisElement = docNode.createElement('child_node'); 
    thisElement.appendChild... 
        (docNode.createTextNode(sprintf('%i',i)));
    docRootNode.appendChild(thisElement);
end
docNode.appendChild(docNode.createComment('this is a comment'));

xmlFileName = [tempname,'.xml'];
xmlwrite(xmlFileName,docNode);
type(xmlFileName);

参考

|

R2006a より前に導入

この情報は役に立ちましたか?