ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

xlsfinfo

ファイルに Microsoft Excel スプレッドシートが含まれるかどうかの判別

構文

  • status = xlsfinfo(filename)
  • [status,sheets] = xlsfinfo(filename)
  • [status,sheets,xlFormat] = xlsfinfo(filename)

説明

status = xlsfinfo(filename) は、filename が関数 xlsread で読み取り可能なファイルどうかを示します。

[status,sheets] = xlsfinfo(filename) は、ファイル内の各スプレッドシートの名前を追加で返します。

[status,sheets,xlFormat] = xlsfinfo(filename) は、そのファイルに対して Excel® が返す形式記述子も返します。Windows® 版 Excel がないシステムでは、xlFormat は空の文字列 '' です。

すべて折りたたむ

myExample.xlsx という名前のサンプルの Excel ファイルを作成します。

values = {1, 2, 3 ; 4, 5, 'x' ; 7, 8, 9};
headers = {'First', 'Second', 'Third'};
xlswrite('myExample.xlsx', [headers; values]);

xlsfinfo を呼び出して、このファイルの情報を取得します。

[status,sheets,xlFormat] = xlsfinfo('myExample.xlsx')
status =

Microsoft Excel Spreadsheet


sheets = 

    'Sheet1'    'Sheet2'    'Sheet3'


xlFormat =

xlOpenXMLWorkbook

status は、関数 xlsread がサンプル ファイルを読み取ることができることを示す説明用の文字列です。

入力引数

すべて折りたたむ

ファイル名。文字列として指定します。

例: 'myFile.xlsx'

データ型: char

出力引数

すべて折りたたむ

ファイルの種類。文字列として返されます。

  • filenamexlsread で読み取り可能なファイルである場合、status'Microsoft Excel Spreadsheet' など説明用の文字列です。

  • filenamexlsread で読み取り可能なファイルでない場合、status は空の文字列 '' です。

  • MATLAB® がファイルを検出できない場合、xlsfinfo はエラーを返します。

ワークシート名。1n 列の文字列のセル配列として返されます。ここで n は、ファイル内のワークシート数です。各セルにはワークシート名が格納されます。xlsread が特定のワークシートを読み取れない場合、対応するセルにエラー メッセージが格納されます。

xlsfinfo がファイルを読み取れない場合、sheets にエラー メッセージが格納されます。

Excel によって返されるファイル形式記述子。文字列として返されます。

Excel ソフトウェアを搭載した Windows システムでは、xlFormat は次のいずれかのような空でない文字列になります。

'xlOpenXMLWorkbook'XLSX 形式のスプレッドシート (Excel 2007 以上)
'xlWorkbookNormal' または 'xlExcel8'XLS 形式のスプレッドシート (Excel 97 ~ 2003 と互換性あり)
'xlCSV'コンマ区切り値 (CSV) 形式のファイル
'xlHtml' または 'xlWebArchive'HTML 形式にエクスポートされたスプレッドシート

その他すべてのシステムでは、xlFormat は空の文字列 '' になります。

制限

  • xlsfinfo は、7 ビット ASCII 文字のみをサポートします。

詳細

すべて折りたたむ

ヒント

  • xlsfinfo が ActiveX® サーバーを起動できないことを警告した場合、一般的な Excel インストールの一部である COM サーバーは使用できません。この場合、Excel ソフトウェアの再インストールを検討してください。Windows 版 Excel を搭載したシステムでは、xlsfinfo は COM サーバーを使用して情報を取得します。

参考

|

R2006a より前に導入

この情報は役に立ちましたか?