ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

xlim

x 軸の範囲の設定とクエリ

構文

  • xlim(limits)
  • xlim auto
  • xlim manual
  • xl = xlim
  • m = xlim('mode')
  • ___ = xlim(ax,___)

説明

xlim(limits) は、現在の座標軸の x 軸の範囲を指定します。limits[xmin xmax] という形式の 2 要素ベクトルとして指定します。ここで、xmaxxmin より大きい数値です。

xlim auto は、座標軸が x 軸の範囲を選択できるようにします。座標軸はプロット データ全体がカバーされる範囲を選択します。このコマンドは座標軸の XLimMode プロパティを 'auto' に設定します。

xlim manual は、範囲を現在の値に固定します。このオプションは、hold on コマンドで座標軸に新しいデータを追加する際に、現在の範囲を維持する場合に使用します。このコマンドは座標軸の XLimMode プロパティを 'manual' に設定します。

xl = xlim は現在の範囲を含む 2 要素ベクトルを返します。

m = xlim('mode') は、範囲モードの現在の値 ('auto' または 'manual') を返します。範囲を指定したりモードを手動に設定したりしない限り、自動モードが既定で使用されます。

___ = xlim(ax,___) は現在の座標軸の代わりに ax で指定される座標軸を使用します。入力引数 ax は、前述の構文にあるどの入力引数の前でも指定できます。入力引数が文字ベクトルの場合、引数を単一引用符で囲みます (例: xlim(ax,'auto')xlim(ax,'manual'))。元の構文が出力引数をサポートしている場合は、前述の構文にある任意の出力引数を指定できます。

すべて折りたたむ

ラインをプロットして x 軸の範囲を 0 ~ 5 に設定します。

x = linspace(0,10);
y = sin(x);
plot(x,y)
xlim([0 5])

2 つのサブプロットを含む Figure を 1 つ作成し、各サブプロットに同じデータをプロットします。下のサブプロットの x 軸の範囲を設定します。

x = linspace(0,5,1000);
y = sin(100*x)./exp(x);
ax1 = subplot(2,1,1);
plot(x,y)

ax2 = subplot(2,1,2);
plot(x,y)
xlim(ax2,[0 1])

座標軸にプロットを追加する際に現在の x 軸の範囲を維持するには、手動モードを使用します。

まず、ラインをプロットします。

x = linspace(0,10);
y = sin(x);
plot(x,y);

x 軸の範囲モードを手動に設定し、範囲が変更されないようにします。hold on を使用して座標軸に 2 番目のプロットを追加します。

xlim manual
hold on
plot(2*x,2*y)
hold off

x 軸の範囲は、新しいプロットに合わせて更新されません。

モードを自動にリセットして、範囲が自動更新されるよう再設定します。

xlim auto

乱数データの散布図を作成します。x 軸の範囲の値を返します。

x = randn(50,1);
y = randn(50,1);
scatter(x,y)

xl = xlim
xl =

    -3     4

入力引数

すべて折りたたむ

範囲の上限と下限。[xmin xmax] の形式の 2 要素ベクトルとして指定します。ここで、xmaxxmin より大きい数値です。両方の制限値を指定することも、一方の制限値を指定してもう一方を MATLAB® で自動計算することもできます。

  • 下限値を最小データ値に自動設定するには、最初の要素に -inf を指定します (例: xlim([-inf 0]))。

  • 上限値を最大データ値に自動設定するには、2 番目の要素に inf を指定します (例: xlim([0 inf]))。

範囲を指定すると、axes オブジェクトの XLim プロパティが指定された値に更新され、XLimMode プロパティが 'manual' に変更されます。x 軸の範囲を変更すると、対応するモードが手動に設定されていない他の範囲が変更される場合があります。

例: [0 1]

axes オブジェクト。axes オブジェクトを指定しない場合、xlim は現在の座標軸の範囲 (gca) を設定します。

出力引数

すべて折りたたむ

現在の範囲。[xmin xmax] の形式の 2 要素ベクトルとして返されます。

範囲をクエリすると、対応する座標軸の XLim プロパティの値が返されます。

現在の範囲モード。次のいずれかの値が返されます。

  • 'auto' — データの変更を反映して範囲が自動更新されます。

  • 'manual' — データの変更を反映して範囲が更新されることはありません。

x 軸の範囲モードをクエリすると、対応する座標軸の XLimMode プロパティの値が返されます。

参考

| | | | |

R2006a より前に導入

この情報は役に立ちましたか?