ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

winqueryreg

Windows レジストリからのアイテム

構文

valnames = winqueryreg('name', 'rootkey', 'subkey')
value = winqueryreg('rootkey', 'subkey', 'valname')
value = winqueryreg('rootkey', 'subkey')

説明

valnames = winqueryreg('name', 'rootkey', 'subkey') は、Microsoft® Windows® オペレーティング システム レジストリの rootkey\subkey にあるすべての値名を文字列のセル配列に返します。1 番目の引数は、単一引用符で囲まれたリテラル文字列 'name' です。

value = winqueryreg('rootkey', 'subkey', 'valname') は、rootkey\subkey にある値名 valname の値を返します。

レジストリから取得した値が文字列である場合、関数 winqueryreg は文字列を返します。その値が 32 ビット整数の場合、関数 winqueryreg は、MATLAB® タイプ int32 の整数として値を返します。

value = winqueryreg('rootkey', 'subkey') は、値名プロパティをもたない rootkey\subkey の値を返します。

    メモ:   リテラル name 引数と rootkey 引数は、大文字と小文字を区別します。subkeyvalname 引数は、大文字と小文字を区別しません。

例 1

MATLAB のサンプルである Microsoft COM コントロール mwsampctrl.2CLSID の値を取得します。

winqueryreg 'HKEY_CLASSES_ROOT' 'mwsamp.mwsampctrl.2\clsid'
ans =
   {5771A80A-2294-4CAC-A75B-157DCDDD3653}

例 2

レジストリ サブキー Mouse の変数 mousechar のリストを取得します。Mouse は、サブキー Control Panel の下にあり、Control Panel は、ルート キー HKEY_CURRENT_USER の下にあります。

mousechar = winqueryreg('name', 'HKEY_CURRENT_USER', ...
   'control panel\mouse');

mousechar のリスト内にある各名前に対して、レジストリからその名前を取得し、名前とその値を表示します。

for k=1:length(mousechar)
   setting = winqueryreg('HKEY_CURRENT_USER', ...
      'control panel\mouse', mousechar{k});
   str = sprintf('%s = %s', mousechar{k}, num2str(setting));
   disp(str)
   end
ActiveWindowTracking = 0
DoubleClickHeight = 4
DoubleClickSpeed = 830
DoubleClickWidth = 4
MouseSpeed = 1
MouseThreshold1 = 6
MouseThreshold2 = 10
SnapToDefaultButton = 0
SwapMouseButtons = 0

詳細

すべて展開する

ヒント

この関数は、以下のレジストリ値タイプに対してのみ動作します。

  • 文字列 (REG_SZ)

  • 拡張文字列 (REG_EXPAND_SZ)

  • 32 ビット整数 (REG_DWORD)

この情報は役に立ちましたか?