ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

verLessThan

指定されたバージョンの文字列と Toolbox のバージョンを比較

構文

verLessThan(toolbox, version)

説明

verLessThan(toolbox, version) は、文字列 toolbox で指定されたツールボックスのバージョンが、文字列 version で指定されたバージョンより古い場合は論理値 1 (true) を返し、そうでない場合は論理値 0 (false) を返します。この関数は、MATLAB® の異なるバージョンでコードの動作が異なる場合に、複数のバージョンで実行できるコードを作成するために使用します。

引数 toolbox 引数は、MATLAB Toolbox フォルダー名を単一引用符で囲んだ文字列です。引数 version は、比較するバージョンを単一引用符で囲んだ文字列です。この引数は、major[.minor[.revision]] の形式で、77.17.0.1 のようになります。toolbox が存在しない場合、MATLAB はエラーを返します。

toolbox を指定するには、対象となる Toolbox の Contents.m ファイルを格納するフォルダーを探し、そのフォルダー使用します。Toolbox のフォルダー名の一覧を参照するには、MATLAB コマンド ウィンドウで以下のステートメントを入力します。

dir([matlabroot '/toolbox'])

以下の例は、関数 verLessThan の使用方法を示します。

例 1 – 最小限必要なバージョンをチェック

if verLessThan('simulink', '4.0')
    error('Simulink 4.0 or higher is required.');
end

例 2 – 実行するコードの選択

if verLessThan('matlab', '7.0.1')
% -- Put code to run under MATLAB 7.0.0 and earlier here --
else
% -- Put code to run under MATLAB 7.0.1 and later here --
end

例 3 - フォルダー名の調査

Data Acquisition Toolbox™ フォルダー名を検索します。

dir([matlabroot '/toolbox/d*'])

   daq        database   des      distcomp   dotnetbuilder
   dastudio   datafeed   dials    dml        dspblks

Toolbox のフォルダー名 daq を使用して、MATLAB で現在実行している Data Acquisition Toolbox のバージョンをバージョン番号 3 と比較します。

verLessThan('daq', '3')
ans =
     1

参考

| | | | | |

この情報は役に立ちましたか?