ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

userpath

ユーザー割り当ての検索パスの表示と変更

構文

  • userpath(newpath)
  • userpath('reset')
  • userpath('clear')

説明

userpath は検索パスの最初のフォルダーを指定する文字列を返します。MATLAB® はスタートアップ時に userpath を検索パスに追加します。

userpath(newpath) はプライマリ userpath フォルダーを newpath に設定します。newpath フォルダーは、直後および今後のセッションのスタートアップ時に検索パスの最上位に置かれます。MATLAB は、userpath によって前に指定したフォルダーを検索パスから削除します。

userpath('reset') は、プライマリ userpath フォルダーを対象のプラットフォームの既定の設定にします。Documents/MATLAB フォルダーが存在しない場合はそれを作成します。MATLAB は、既定のフォルダーを直ちに検索パスの最上位に追加するだけでなく、それ以降のセッションの起動時にも検索パスに追加します。Linux® では、Documents ディレクトリが存在しない場合に MATLAB ディレクトリは作成されません。

userpath('clear') は、直後および今後の MATLAB セッション用にプライマリ userpath の値をクリアします。MATLAB は、userpath によって前に指定されたフォルダーを検索パスから削除します。

すべて折りたたむ

この例では、userpath が Windows® プラットフォーム上で既定値 Documents\MATLAB に設定されていると仮定します。MATLAB を起動すると、現在のフォルダーが表示されます。

pwd
H:\Documents\MATLAB

この例で HDocuments があるドライブです。

現在のフォルダーが userpath であることを確認します。

userpath
H:\Documents\MATLAB;

検索パスを表示します。

path
MATLABPATH

	H:\Documents\MATLAB
	C:\Program Files\MATLAB\R2009a\toolbox\matlab\general
	C:\Program Files\MATLAB\R2009a\toolbox\matlab\ops
...

MATLAB は検索パスを返します。userpath 部分は最上部にあります。

userpath が Windows プラットフォームの既定値 Documents\MATLAB に設定されていると仮定します。この値を userpath の既定値から C:\Research_Project に変更します。

newpath = 'C:\Research_Project';
userpath(newpath)

検索パス上で変更の影響を表示します。

path
MATLABPATH

	C:\Research_Project
	C:\Program Files\MATLAB\R2009a\toolbox\matlab\general
	C:\Program Files\MATLAB\R2009a\toolbox\matlab\ops
...

MATLAB には検索パスが表示されます。userpath 部分の新しい値は、最上部に表示されます。MATLAB では、新しい値を userpath に代入すると、検索パスから userpath の前の値 H:\Documents\MATLAB が自動的に削除されることに注意してください。

userpath は既定値に設定され、起動時に検索パスにフォルダーを追加しないものとします。既定の設定が現在設定されていることを確認します。

userpath
H:\Documents\MATLAB;

userpath フォルダーが検索パスの最上位にあることを確認します。

path
MATLABPATH

H:\Documents\MATLAB
C:\Program Files\MATLAB\R2009a\toolbox\matlab\general
C:\Program Files\MATLAB\R2009a\toolbox\matlab\ops
...

値をクリアします。

userpath('clear')

結果を確認します。

userpath
ans =
     ''

userpath フォルダーが検索パスから削除されたことを確認します。

path
MATLABPATH

C:\Program Files\MATLAB\R2009a\toolbox\matlab\general
C:\Program Files\MATLAB\R2009a\toolbox\matlab\ops
...

    メモ:   userpath の値をクリアした場合、スタートアップ フォルダーが検索パス上にない可能性があります。userpath フォルダーを検索パスから削除してパスの変更を保存する操作は、クリアと同じ効果があります。

入力引数

すべて折りたたむ

文字列として指定する新しい userpath の値。newpath は絶対パスでなければなりません。

例: 'C:\myFolder'

詳細

すべて折りたたむ

ヒント

  • 既定では、Windows プラットフォームでショートカットをダブルクリックするか Mac プラットフォームでアプリケーションをダブルクリックして MATLAB を起動すると、スタートアップ フォルダーは userpath フォルダーになります。userpath の値をクリアした場合、スタートアップ フォルダーが検索パス上にない可能性があります。userpath フォルダーを検索パスから削除してパスの変更を保存する操作は、クリアと同じ効果があります。

    現在のフォルダーを指定するには、「一般設定」で説明されている [初期作業フォルダー] 設定を設定します。

  • Mac および Linux プラットフォームでは、環境変数 MATLABPATH を使用してサブフォルダーのパスを指定すると、起動時に検索パスの最上位にサブフォルダーを自動的に追加できます。

R2008a で導入

この情報は役に立ちましたか?