ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

構文

  • C = +A
  • C = uplus(A)

説明

C = +A は配列 A を返し、C に格納します。

C = uplus(A)+A の代替方法として実行できますが、まれにしか使われません。そのため、クラスに演算子をオーバーロードできます。

すべて折りたたむ

2 行 2 列の行列 A を作成します。

A = [1 -3; -2 4]
A =

     1    -3
    -2     4

A の単項プラス

C = +A
C =

     1    -3
    -2     4

CA は、同じです。

入力引数

すべて折りたたむ

入力配列。スカラー、ベクトル、行列または多次元配列として指定します。

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | int64 | uint8 | uint16 | uint32 | uint64 | logical | char
複素数のサポート: はい

参考

|

R2006a より前に導入

この情報は役に立ちましたか?