ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

unicode2native

Unicode 文字表現の数値バイトへの変換

構文

bytes = unicode2native(unicodestr)
bytes = unicode2native(unicodestr,encoding)

説明

bytes = unicode2native(unicodestr) は、Unicode® 文字表現である unicodestrchar ベクトルをユーザーの既定エンコードに変換し、uint8 ベクトルである bytes としてバイト数を返します。出力ベクトル bytes は、unicodestr 入力と同じ一般的な配列の形になります。関数 fwrite を使用して、unicode2native の出力をファイルへ保存できます。

bytes = unicode2native(unicodestr,encoding) は、unicodestr を文字列 encoding で指定された文字エンコード スキームに変換します。encoding は、空の文字列 ('') またはエンコード スキームの名前またはエイリアスでなければなりません。例を挙げると、'UTF-8''latin1''US-ASCII''Shift_JIS' などです。encoding が未定義の場合や空の文字列 ('') の場合は、既定のエンコード スキームが使用されます。

この例は、Unicode 文字表現を含む 2 つの文字列からはじめます。文字列 str1 は、西ヨーロッパ言語のテキストを含み、文字列 str2 は、日本のテキストを含むとします。例は、1 番目の文字列に ISO-8859-1 文字エンコード スキームを使用し、2 番目の文字列に Shift-JIS エンコード スキームを使用して、両方の文字列を同じファイルに記述します。例では、2 つの文字列を適切なエンコード スキームへ変換するために、関数 unicode2native を使用します。

fid = fopen('mixed.txt', 'w');
bytes1 = unicode2native(str1, 'ISO-8859-1');
fwrite(fid, bytes1, 'uint8');
bytes2 = unicode2native(str2, 'Shift_JIS');
fwrite(fid, bytes2, 'uint8');
fclose(fid);
この情報は役に立ちましたか?