ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

uisetfont

オブジェクトのフォント文字を設定する標準ダイアログ ボックスを開く

構文

uisetfont
uisetfont(h)
uisetfont(S)
uisetfont(...,'DialogTitle')
S = uisetfont(...)

説明

uisetfont を使用すると、textaxes、または uicontrol オブジェクトのフォントのプロパティ (FontNameFontUnitsFontSizeFontWeight、および FontAngle) を変更できます。この関数は、フォントのプロパティと値からなる構造体を返します。ダイアログ ボックスに、他のタイトルを指定できます。

uisetfont は、モーダル ダイアログ ボックスを表示し、選択されたフォントのプロパティを返します。

    メモ:   モーダル ダイアログ ボックスを操作する前に、ユーザーは他のウィンドウの操作ができません。詳細は、MATLAB®「Figure Properties」の「WindowStyle」を参照してください。

uisetfont(h) は、モーダル ダイアログ ボックスを表示し、ハンドルが h であるオブジェクトのプロパティの値でフォントのプロパティ値を初期化します。選択されたフォントのプロパティ値は、現在のオブジェクトに適用されます。2 番目の引数が指定されると、ダイアログ ボックスの名前を指定します。

uisetfont(S) は、モーダル ダイアログ ボックスを表示し、指定された構造体 (S) に定義された値でフォントのプロパティ値を初期化します。S は、これらのプロパティに対して有効な 1 つまたは複数の値を定義しなければなりません。FontNameFontUnitsFontSizeFontWeightFontAngle とフィールド名は、プロパティ名と正確に一致しなければなりません。他のプロパティが定義された場合、それらは無視されます。2 番目の引数が指定されると、ダイアログ ボックスの名前を指定します。

uisetfont(...,'DialogTitle') は、タイトルが DialogTitle であるモーダル ダイアログ ボックスを表示し、ダイアログ ボックスで選択されたフォント プロパティの値を返します。

S = uisetfont(...) は、プロパティ FontNameFontUnitsFontSizeFontWeight、および FontAngle を構造体のフィールドとして返します。ユーザーがダイアログ ボックスから [キャンセル] ボタンを押したり、エラーが発生すると、出力値は、0 に設定されます。

次のステートメントは、Text オブジェクトを作成して、フォントの特性を変更するためのダイアログ ボックス (Update Font がラベル付けされます) を表示します。

h = text(.5,.5,'Figure Annotation');
uisetfont(h,'Update Font')

以下のステートメントは、2 つのプッシュ ボタンを作成し、その内の 1 つのフォント プロパティを、もう一方に設定した値に設定します。

% Create push button with string ABC
c1 = uicontrol('Style', 'pushbutton', ...
     'Position', [10 10 100 20], 'String', 'ABC');
% Create push button with string XYZ
c2 = uicontrol('Style', 'pushbutton', ...
     'Position', [10 50 100 20], 'String', 'XYZ');
% Display set font dialog box for c1, make selections,
& and save to d
d = uisetfont(c1);
% Apply those settings to c2
set(c2, d)

参考

| |

この情報は役に立ちましたか?