ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

uibuttongroup

ラジオ ボタンとトグル ボタンを管理するボタン グループの作成

構文

  • bg = uibuttongroup
  • bg = uibuttongroup(Name,Value)
  • bg = uibuttongroup(parent)
  • bg = uibuttongroup(parent,Name,Value)

説明

bg = uibuttongroup は、既存の従来の Figure内にボタン グループを作成し、ボタン グループ オブジェクト bg を返します。利用可能な従来の Figure がない場合、MATLAB® は親として機能する新しい Figure を作成します。

bg = uibuttongroup(Name,Value) は 1 つ以上の Name,Value のペアの引数を使用して、ボタン グループのプロパティ値を指定します。

bg = uibuttongroup(parent) はボタン グループを作成し、特定の親を指定します。parent の引数には、従来の Figure、UI figureUI figure、パネル、タブまたは他のボタン グループを指定できます。

bg = uibuttongroup(parent,Name,Value) は 1 つ以上の Name,Value のペアの引数を使用して、ボタン グループのプロパティ値を指定します。

すべて折りたたむ

アプリ ユーザーがボタン グループ内の新しいラジオ ボタンを選択したときに、直前と現在のボタン選択を MATLAB コマンド ウィンドウに表示します。

この動作を確認するには、以下のコードをコピーしてエディターに貼り付け、実行します。

function myui
bg = uibuttongroup('Visible','off',...
                  'Position',[0 0 .2 1],...
                  'SelectionChangedFcn',@bselection);
              
% Create three radio buttons in the button group.
r1 = uicontrol(bg,'Style',...
                  'radiobutton',...
                  'String','Option 1',...
                  'Position',[10 350 100 30],...
                  'HandleVisibility','off');
              
r2 = uicontrol(bg,'Style','radiobutton',...
                  'String','Option 2',...
                  'Position',[10 250 100 30],...
                  'HandleVisibility','off');

r3 = uicontrol(bg,'Style','radiobutton',...
                  'String','Option 3',...
                  'Position',[10 150 100 30],...
                  'HandleVisibility','off');
              
% Make the uibuttongroup visible after creating child objects. 
bg.Visible = 'on';

    function bselection(source,callbackdata)
       display(['Previous: ' callbackdata.OldValue.String]);
       display(['Current: ' callbackdata.NewValue.String]);
       display('------------------');
    end
end

関数 bselection は、callbackdata オブジェクトの OldValue プロパティと NewValue プロパティを表示します。

ボタン グループの作成後、ドット表記を使用してボタン グループのプロパティを設定し、取得します。

UI figure ウィンドウ内のパネルにラジオ ボタン グループを作成します。

fig = uifigure;
panel = uipanel(fig);
bg = uibuttongroup(panel,...
                  'Title','Language Options',...
                  'Position', [50 50 123 106]);

              
% Create three radio buttons in the button group.
r1 = uiradiobutton(bg,...
                  'Text','English',...
                  'Position',[10 60 70 15]);
              
r2 = uiradiobutton(bg,...
                  'Text','French',...
                  'Position',[10 38 70 15]);

r3 = uiradiobutton(bg,...
                  'Text','German',...
                  'Position',[10 15 70 15]);

現在選択されているボタン グループを取得

bg.SelectedObject.Text
ans =

English

パネル内のボタン グループの位置を変更

bg.Position = [10 10 123 106];

アプリ ユーザーがボタン グループ内の新しいラジオ ボタンを選択したときに、直前と現在のボタン選択を MATLAB コマンド ウィンドウに表示します。

この動作を確認するには、以下のコードをコピーしてエディターに貼り付け、実行します。

function myfunc
fig = uifigure;
bg = uibuttongroup(fig,...
                  'Title','Options',...
                  'Position', [100 100 123 106],...
                  'SelectionChangedFcn',@(bg,event) bselection(bg,event));

              
% Create three radio buttons in the button group.
r1 = uiradiobutton(bg,...
                  'Text','Option 1',...
                  'Position',[10 60 70 15]);
              
r2 = uiradiobutton(bg,...
                  'Text','Option 2',...
                  'Position',[10 38 70 15]);

r3 = uiradiobutton(bg,...
                  'Text','Option 3',...
                  'Position',[10 15 70 15]);
              
    function bselection(bg,event)
       display(['Previous: ', event.OldValue.Text]);
       display(['Current: ', event.NewValue.Text]);
       display('------------------');
    end
end 

関数 bselection は、event オブジェクトの Previous プロパティと Current プロパティを表示します。

入力引数

すべて折りたたむ

ボタン グループの親オブジェクト。Figure、UI figure、パネル、タブまたはボタン グループの各オブジェクトとして指定します。親を指定しない場合、既定の親は従来の figure オブジェクトです。

名前/値のペアの引数

オプションの Name,Value の引数ペアをコンマ区切りで指定します。Name は引数名で、Value は対応する値です。Name は単一引用符 (' ') で囲まなければなりません。Name1,Value1,...,NameN,ValueN のように、複数の名前と値のペアの引数を任意の順序で指定できます。

例: 'Title','Options' は、ボタン グループのタイトルを Options に指定します。

詳細

すべて折りたたむ

従来の Figure

従来の Figure とは、GUIDE または関数 figure を使用したときに MATLAB で作成されるものです。従来の Figure と UI figure の違いの詳細については、「App Designer でのグラフィックスのサポート」を参照してください。

UI figure

UI figure とは、App Designer または関数 uifigure を使用したときに MATLAB で作成されるものです。従来の Figure と UI figure の違いの詳細については、「App Designer でのグラフィックスのサポート」を参照してください。

ヒント

  • ボタン グループには (ActiveX® コントロールを除く) あらゆる UI コンポーネントのタイプを含めることができますが、管理するのはラジオ ボタンとトグル ボタンの選択だけです。

  • ボタン グループ内のラジオ ボタンまたはトグル ボタンをアプリ ユーザーが選択したときにプログラムを応答させるには、ボタン グループのコールバック関数 SelectionChangedFcn を定義します。個々のボタンのコールバックを定義することはできません。

  • 選択されているラジオ ボタンまたはトグル ボタンを判定するには、ボタン グループの SelectedObject プロパティをクエリします。このクエリは、コード内の任意の場所で実行できます。

  • ボタン グループ オブジェクトの Visible プロパティが 'off' に設定されている場合、その中に含まれる子オブジェクト (ボタン、他のボタン グループなど) は、親であるボタン グループと共に非表示になります。ただし、各子オブジェクトの Visible "プロパティ値" は影響を受けません。

R2006a より前に導入

この情報は役に立ちましたか?