ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

trisurf

三角形表面プロット

構文

trisurf(Tri,X,Y,Z,C)
trisurf(Tri,X,Y,Z)
trisurf(TR)
trisurf(...'PropertyName',PropertyValue...)
h = trisurf(...)

説明

trisurf(Tri,X,Y,Z,C) は、表面として m 行 3 列の面の行列 Tri で定義された三角形を表示します。Tri の各行は、頂点 XYZ を含むベクトルや行列のインデックスで、1 つの三角形の面を定義します。色は、ベクトル C で定義されます。

trisurf(Tri,X,Y,Z)C=Z を使用するので、色は表面の高さに比例します。

trisurf(TR) は、三角形分割の表現で四面体を表示します。表面の色が高さに確実に比例するように、C = TR.Points(:,3) を使用します。

trisurf(...'PropertyName',PropertyValue...) は、この関数で作成した Patch グラフィックス オブジェクトのプロパティ名とプロパティ値を指定します。

h = trisurf(...) は、Patch のハンドル番号を返します。

すべて折りたたむ

頂点のベクトルと面の行列を作成し、それから三角形表面プロットを作成します。

[x,y] = meshgrid(1:15,1:15);
tri = delaunay(x,y);
z = peaks(15);
trisurf(tri,x,y,z)

表面が三角形分割の表現形式の場合、次のように trisurf だけに渡すことができます。

tr = triangulation(tri,x(:),y(:),z(:));
trisurf(tr)

R2006a より前に導入

この情報は役に立ちましたか?