ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

tril

行列の下三角部分

構文

L = tril(X)
L = tril(X,k)

説明

L = tril(X) は、X の下三角部分を返します。

L = tril(X,k) は、X の k 番目の対角要素とこれより下の部分を返します。k = 0 は主対角、k > 0 は主対角より上の対角、k < 0 は主対角より下の対角です。

tril(ones(4,4),-1)

ans =

    0    0    0    0
    1    0    0    0
    1    1    0    0
    1    1    1    0

参考

|

R2006a より前に導入

この情報は役に立ちましたか?