ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

title

現在の Axes にタイトルを追加

構文

  • title(str)
  • title(str,Name,Value)
  • title(axes_handle,___)
  • h = title(___)

説明

title(str) は、現在の Axes の上部の中央に文字列 str で構成されたタイトルを追加します。各 Axes のグラフィックス オブジェクトは、事前定義されたタイトルを 1 つもつことができます。

title(str,Name,Value) は、さらに 1 つまたは複数の Name,Value のペア引数を使って、タイトル プロパティを指定します。

title(axes_handle,___) は、axes_handle で指定された Axes にタイトルを追加します。この構文では、タイトルを追加する Axes を指定することができます。axes_handle は、上記の構文にあるすべての入力引数の組み合わせより前に指定できます。

h = title(___) は、タイトルとして使用される Text オブジェクトのハンドルを返します。このハンドルは、タイトルを後で変更する場合に役立ちます。

すべて展開する

現在の Figure にタイトルを追加

Figure を作成して現在の Axes にタイトルを表示します。

figure
plot((1:10).^2)
title('My Title')

文字列を返す関数を使って、title を呼び出すこともできます。たとえば、関数 date は、今日の日付を含む文字列を返します。

title(date)

MATLAB® は Axes のタイトルとして date の出力を設定します。

変数の値をタイトルに含める

変数 c の値をタイトルに含めます。

figure
plot((1:10).^2)
f = 70;
c = (f-32)/1.8;
title(['Temperature is ',num2str(c),' C'])

TeX マークアップを使用して複数の色で色分けされたタイトルを作成

TeX 文字列では、後続の文字の色を元の色から変更するには、色の修飾子 \color を使用します。

figure
plot((1:10).^2)
title(['\fontsize{16}black {\color{magenta}magenta '...
'\color[rgb]{0 .5 .5}teal \color{red}red} black again'])

名前/値ペア引数を使って色付きタイトルを作成

Name,Value ペア 'Color','m' を使って、タイトルの色をマゼンタに設定します。

figure
plot((1:10).^2)
title('Case number # 3','Color', 'm')

タイトルにギリシャ文字を使用

TeX 文字列を使ってタイトルにギリシャ文字を含めます。

t = (0:0.01:0.2);
y = exp(-25*t);
figure
plot(t,y)
title('y = \ite^{\lambda t}','Color','b')

'Interpreter' プロパティは、'tex' (既定) でなければなりません。

タイトルに上付き文字または下付き文字を使用

figure
plot((1:10).^2)
title('\alpha^2 and X_1')

上付き文字 "^" と下付き文字 "_" は、直後の文字または中かっこ内に指定された部分文字列にかかります。

複数行のタイトルを作成

複数行のセル配列を使用して、複数行のタイトルを作成します。

figure
plot((1:10).^2)
title({'First line';'Second line'})

入力されたテキストを表示

1X の下付き文字にするのではなく、文字列 X_1 が入力されたとおりに Figure に表示されるように、Interpreter プロパティを 'none' に設定します。

figure
plot((1:10).^2)
title('X_1','Interpreter','none')

MATLAB® は、Figure のタイトルに文字列 X_1 を表示します。

現在の Axes にタイトルを追加

2 つのサブプロットを作成し、Axes オブジェクトのハンドル s(1)s(2) を返します。

figure
s(1) = subplot(2,1,1);
plot((1:10).^2)
s(2) = subplot(2,1,2);
plot((1:10).^3)

Axes ハンドル s(1) または s(2) を参照して、サブプロットごとにタイトルを追加します。

title(s(1),'Top Plot')
title(s(2),'Bottom Plot')

タイトルを追加してテキスト ハンドルを返す

プロットにタイトルを追加し、タイトルとして使用されるテキスト オブジェクトのハンドルを返します。

figure
plot((1:10).^2)
h = title('My Title');

MATLAB® は、ハンドルを出力変数 h に返します。

ハンドルを使用して、タイトルの色を赤に設定します。

set(h,'Color','red')

入力引数

すべて展開する

str — タイトルとして表示するテキスト文字列

タイトルとして表示するテキスト。文字列として指定します。文字列を返す関数の名前を指定することもできます。

例: 'myTitle'

例: date

    メモ:    defaultfactory、および remove という語は予約語で、通常の文字列として引用されている場合はタイトルに表示されません。これらの語を個別に表示するには、'reserved_word' の代わりに「'\reserved_word'」と入力します。

axes_handle — Axes のハンドルハンドル

Axes のハンドル。Axes オブジェクトへの参照です。現在の座標軸のハンドルを取得するには、関数 gca を使用します。たとえば、axes_handle = gca; のようにします。

名前/値のペアの引数

オプションの Name,Value 引数のペアをコンマ区切りで指定します。ここで、Name は引数名で、Value は対応する値です。Name は単一引用符 (' ') で囲まなければなりません。Name1,Value1,...,NameN,ValueN のように、複数の名前と値のペアの引数を任意の順番で指定できます。

例: 'Color','red','FontSize',14 は赤色の 14 ポイント フォントでタイトルを追加します。

以下に加え、Name,Value のペア引数を使用してその他のテキスト オブジェクト プロパティを指定できます。「テキスト プロパティ」を参照してください。

'Color' — テキストの色[0 0 0] (黒) (既定値) | 3 要素の RGB ベクトル | 文字列

テキストの色。'Color' と 3 要素の RGB ベクトルのコンマ区切りペアまたは色の省略名または完全名を含む文字列として指定します。RGB ベクトルは、色の赤、緑、青成分の強度を指定する 3 要素の行ベクトルです。強度値は [0 1] の範囲でなければなりません。

以下の表は、定義済み色と対応する RGB 値を表しています。

RGB 値

省略名

完全名

[1 1 0]

y

yellow

[1 0 1]

m

magenta

[0 1 1]

c

cyan

[1 0 0]

r

red

[0 1 0]

g

green

[0 0 1]

b

blue

[1 1 1]

w

white

[0 0 0]

k

black

例: 'Color',[0 1 0]

例: 'Color','green'

'FontAngle' — 文字の傾斜'normal' (既定値) | 'italic' | 'oblique'

コンマ区切りの 'FontAngle' と次のいずれかの値とのペアとして指定する、文字の傾斜。'normal''italic' または 'oblique'。MATLAB® は、FontAngle プロパティを使用して特定のシステムで使用可能なフォントを選択します。一般的に、このプロパティを italicoblique に設定すると、イタリックのフォントを選択します。

例: 'FontAngle','italic'

'FontName' — フォント名'Helvetica' (既定値) | 文字列 | 'FixedWidth'

フォント名。'FontName' と文字列で構成されるコンマ区切りペアとして指定します。文字列では、テキスト オブジェクトに使うフォント名を指定します。適切に表示したり、印刷するためには、このプロパティはユーザーのシステムがサポートするフォントでなければなりません。

どのロケールでもテキストが整って見えるように、固定幅のフォントを使用する場合は、大文字と小文字が区別される文字列 'FixedWidth' を使用します。これは、固定幅のフォントの名前をハード コードするために必要な処理を無視します。そのため、ASCII 文字エンコードを使用しないシステム上で、適切にテキスト プロパティを表示できない場合があります。

例: 'FontName','Courier'

'FontSize' — フォント サイズ10 ポイント (既定値) | スカラー

フォント サイズ。'FontSize' と、FontUnits プロパティで指定した単位のスカラーで構成されるコンマ区切りペアとして指定します。FontUnits の既定値は points です。

例: 'FontSize',12.5

'FontUnits' — フォント サイズの単位'points' (既定値) | 'normalized' | 'inches' | 'centimeters' | 'pixels'

フォント サイズの単位。'FontUnits' および次の文字列値のいずれかで構成されるコンマ区切りペアとして指定します。

  • 'points'

  • 'normalized'

  • 'inches'

  • 'centimeters'

  • 'pixels'

FontUnits の値が 'normalized' の場合、MATLAB は、FontSize の値を親軸の高さの分数として解釈します。軸のサイズを変更すると、MATLAB はこれに応じて画面の FontSize を変更します。pointsinchescentimeters および pixels は絶対単位です。1 ポイント = 1/72 インチ

    メモ:    FontSizeFontUnits の両方を設定する場合は、指定した FontSize を MATLAB が正しく解釈できるように、最初に FontUnits プロパティを設定しなければなりません。たとえば、フォント サイズを 0.3 インチに設定する場合は、'FontUnits','inches','FontSize',0.3 を引数リストで呼び出します。

'FontWeight' — テキスト文字の重み'normal' (既定値) | 'bold' | 'light' | 'demi'

テキスト文字の重み。'FontWeight' および次の文字列値のいずれかで構成されるコンマ区切りペアとして指定します。

  • 'normal'

  • 'bold'

  • 'light'

  • 'demi'

MATLAB は、FontWeight プロパティを使用して、ユーザーのシステムで使用可能なフォントの型を選択します。一般に、このプロパティを 'bold' または 'demi' に設定すると、MATLAB は太字フォントを使用します。

例: 'FontWeight','bold'

'Interpreter' — 文字の解釈'tex' (既定値) | 'latex' | 'none'

文字の解釈。'Interpreter' と次の文字列のいずれかで構成されるコンマ区切りペアとして指定します。

インタープリターの値結果
'tex'標準 TeX マークアップ言語のサブセットをサポートします。サポートされている TeX 命令のリストについては、String プロパティを参照してください。
'latex'LaTeX マークアップ言語の基本サブセットをサポートします。
'none'すべての文字をリテラル文字として解釈します。

例: 'Interpreter','latex'

出力引数

すべて展開する

h — text オブジェクトのハンドルスカラー

text オブジェクトのハンドル。スカラーとして返されます。一意識別子です。この識別子を使ってタイトルのプロパティのクエリと変更を行うことができます。

この情報は役に立ちましたか?