ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

setabstime

クラス: timeseries

timeseries オブジェクトの時間を日付文字列として設定

構文

ts1=setabstime(ts, times)
ts1=setabstime(ts, times, format)

説明

ts1=setabstime(ts, times) は、ts 内の時間を times で指定された日付文字列に設定します。

ts1=setabstime(ts, times, format) は、times で使用される日付文字列形式 format を明示的に指定します。

入力引数

ts

日付文字列として時間を設定する timeseries オブジェクト。

times

文字列からなるセル配列、または有効な日付または同じ日付形式の時間値をもつ char 配列。

format

時間値に使用する日付文字列の形式。

出力引数

ts1

元の timeseries オブジェクトの時間を日付文字列として設定した結果として生成される timeseries オブジェクト。

timeseries オブジェクトを作成して、絶対時間ベクトルを設定します。

ts = timeseries(rand(3,1))
ts1 = setabstime(ts,{'12-DEC-2005 12:34:56',... 
     '12-DEC-2005 13:34:56','12-DEC-2005 14:34:56'})

% View each timeseries object in the Variable Edtior to see the 
% differences in the time vectors for each.
この情報は役に立ちましたか?