ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

getTag

クラス: Tiff

指定されたタグの値

構文

tagValue = getTag(tagId)

説明

tagValue = getTag(tagId)tagId により指定される TIFF タグの値を取得します。tagId は、文字列 ('ImageWidth') として指定するか、TIFF 仕様により定義される数値タグ識別子 (256) を使用して指定できます。すべてのタグとその数値識別子のリストを表示するには、Tiff オブジェクトの TagID プロパティの値を表示します。タグの値を指定するには、TagID プロパティを使用します。たとえば、Tiff.TagID.ImageWidth はタグの数値識別子に相当します。

すべて折りたたむ

タグの値の取得

Tiff オブジェクトを開き、タグの値を取得します。タグを名前で指定します。

t = Tiff('example.tif','r');
tagval = t.getTag('ImageWidth')
tagval =

   600

または、タグを数値識別子で指定します。

tagval1 = t.getTag(256)
tagval1 =

   600

数値識別子を指定するためのもう 1 つの方法は、TagID プロパティを使用することです。

tagval2 = t.getTag(Tiff.TagID.ImageWidth)
tagval2 =

   600

Tiff オブジェクトを閉じます。

t.close();

関連する例

参照

このメソッドは、LibTIFF C API の関数 TIFFGetField に相当します。このメソッドを使用するには、TIFF 仕様と技術情報に精通していなければなりません。「LibTiff - TIFF Library and Utilities」でこのドキュメンテーションを参照してください。

この情報は役に立ちましたか?