ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

strcmp

大文字と小文字を区別した文字列の比較

構文

  • TF = strcmp(s1,s2)

説明

TF = strcmp(s1,s2) は、2 つの文字列を比較して等価であるかを確認します。文字列のサイズとコンテンツが同じであれば、これらの文字列は等価と見なされます。この関数は、等価であればスカラー論理値 1 を、不等価であればスカラー論理値 0 を返します。比較では大文字小文字を区別します。

入力には、2 つの文字列、2 つの同じサイズの文字列のセル配列、または文字列とセル配列の組み合わせを使用できます。

  • s1,s2 が文字列の場合、TF は論理スカラーになります。

  • 少なくとも 1 つの入力が文字列のセル配列の場合、TF はそのセル配列と同じサイズの論理配列になります。

すべて展開する

2 つの文字列の比較

strcmp を使用して 2 つの異なる文字列を比較します。

strcmp('Yes' ,'No')
ans =

     0

2 つの文字列は等価ではないため、strcmp は論理値 0 (false) を返します。strcmp を使用して 2 つの等価な文字列を比較します。

strcmp('Yes' ,'Yes')
ans =

     1

2 つの文字列は等価であるため、関数 strcmp は論理値 1 (true) を返します。

文字列と文字列のセル配列の比較

strcmp を使用して、文字列 'upon' と文字列のセル配列の各要素を比較します。

a = 'upon';
b = {'Once' 'upon'; 
     'a' 'time'};
strcmp(a, b)
ans =

     0     1
     0     0

配列 b では、文字列 a は要素 b{1, 2} で 1 回だけ出現します。

2 つの文字列のセル配列の比較

strcmp を使用して、文字列のセル配列の各要素と 2 番目の文字列のセル配列の対応する要素を比較します。

c = {'Time' 'flies' 'when'; 
     'you''re' 'having' 'fun.'};
d = {'Time' 'drags' 'when'; 
     'you''re' 'anxiously' 'waiting.'};
strcmp(c, d)
ans =

     1     0     1
     1     0     0

cd の間には、等価な文字列のインスタンスが 3 つあります。これらは、インデックス {1, 1} にある 'Time'、インデックス {1, 3} にある 'when' およびインデックス {2, 1} にある 'you''re' です。

入力引数

すべて展開する

s1,s2 — 比較する文字列または文字列のセル配列文字列 | 文字列のセル配列

等価性を比較する文字列または文字列のセル配列。2 つの文字列、1 つの文字列と 1 つの文字列のセル配列、または 2 つの同じサイズの文字列のセル配列として指定します。入力の順番は比較の結果に影響しません。

データ型: char | cell

詳細

すべて展開する

ヒント

  • 関数 strcmp は、文字データの比較を想定しています。数値データの比較に使用する場合、strcmp は論理値 0 を返します。

  • 大文字と小文字を区別せずに文字列の比較を行う場合は、strcmp の代わりに strcmpi を使用します。

  • 先頭と末尾の空白は、明示的に比較に含まれます。

  • 関数 strcmp が返す値は、C 言語で通常使用される値とは異なります。

  • strcmp は、国際文字セットをサポートします。

この情報は役に立ちましたか?