ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

startup

ユーザー定義のオプションのスタートアップ ファイル

構文

startup

説明

startup は、MATLAB® プログラムの起動時にユーザーが選択したコマンドを実行します。

MATLAB起動フォルダーstartup.m ファイルを作成し、MATLAB 起動時に実行するコマンドをファイルに入力します。たとえば、startup.m ファイルには、物理定数、Handle Graphics® プロパティの既定の設定、工学的な変換ファクター、ワークスペースで事前定義が必要なものを含めることができます。

詳細

すべて展開する

起動フォルダー

MATLAB アプリケーションが起動したときの現在のフォルダーです。「MATLAB 起動フォルダー」を参照してください。

アルゴリズム

MATLAB プログラムは、起動時に matlabrc.m ファイルを実行します。matlabrc.m は、MATLAB 検索パス上に startup.m がある場合、このファイルを呼び出します。

このプロセスは、必要に応じて追加のスタートアップ ファイルを作成することで拡張できます。

MathWorks は、システム管理者がネットワーク設定をする場合以外の matlabrc.m ファイルの変更を推奨しません。

この情報は役に立ちましたか?