ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

spinmap

カラーマップの回転

構文

spinmap
spinmap(t)
spinmap(t,inc)
spinmap('inf')

説明

関数 spinmap は、インクリメント値によりカラーマップの RGB 値をシフトします。たとえば、インクリメント値が 1 の場合、カラー 1 はカラー 2 に、カラー 2 はカラー 3 になります。

spinmap は、インクリメント値 2 を使用して、約 5 秒間カラーマップを回転します。

spinmap(t) は、約 10 *t 秒間カラーマップを回転します。t で指定する時間は、ハードウェアの構成により異なります (たとえば、MATLAB® ソフトウェアをネットワーク上で実行している場合など)。

spinmap(t,inc) は、約 10*t 秒間カラーマップを回転し、カラーマップのシフトのインクリメント値 inc を指定します。inc が 1 の場合、既定の設定すなわち 2 よりも回転はスムーズになります。インクリメントが 2 より大きい場合、回転は既定の設定の方がスムーズになります。負のインクリメント (たとえば -2) は、負の方向にカラーマップを回転します。

spinmap('inf') は、無限にカラーマップの回転を行います。中断するには、Ctrl + C を押します。

この情報は役に立ちましたか?