ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

構文

d = size(X)
[m,n] = size(X)
m = size(X,dim)
[d1,d2,d3,...,dn] = size(X),

説明

d = size(X) は、配列 X の各次元のサイズを ndims(X) 要素をもつベクトル d で返します。

  • X がスカラーの場合、size(X) はベクトル [1 1] を返します。MATLAB® では、スカラーは 1 行 1 列の配列と見なされます。

  • X がテーブルの場合、size(X) は、テーブルの行数と変数の数から構成される 2 要素行ベクトルを返します。テーブル内の変数には複数の列を含めることができますが、size は変数と行のみをカウントします。

[m,n] = size(X) は、行列 X のサイズを個々の変数 mn に返します。

m = size(X,dim) は、スカラー dim によって指定された X の次元のサイズを返します。

[d1,d2,d3,...,dn] = size(X), は、n > 1 のとき、配列 X の次元サイズを d1、d2、d3、...、dn に返します。出力引数の数 n は、ndims(X) に等しくなります。出力引数の数 n が、ndims(X) に等しくない場合、以下のいずれかになります。

n < ndims(X)

di は、0<i<n ではX の次元の i 番目のサイズに等しくなりますが、dnX, の残りの次元サイズの積に等しくなります。すなわち、次元 n から ndims(X) までになります。

n > ndims(X)

関数 size は、"余分" な変数、すなわち、ndims(X)+1n に対して 1 を返します。

    メモ:   Java 配列に対して、関数 size は Java 配列の長さを行数として返します。列数は、常に 1 です。配列群のJava 配列に対して、結果はトップ レベルの配列に関してのみ記述します。

すべて展開する

3 次元配列の次元のサイズ

rand(2,3,4) のサイズを求めます。

d = size(rand(2,3,4))
d =

     2     3     4

サイズは単一ベクトルとして出力されます。

rand(2,3,4) の 2 番目の次元のサイズを求めます。

m = size(rand(2,3,4),2)
m =

     3

サイズはスカラーとして出力されます。

各次元のサイズを別々の変数に割り当てます。

[m,n,p] = size(rand(2,3,4))
m =

     2


n =

     3


p =

     4

テーブルのサイズ

5 人の患者情報を示す 4 つの変数を含むテーブルを作成します。

LastName = {'Smith';'Johnson';'Williams';'Jones';'Brown'};
Age = [38;43;38;40;49];
Height = [71;69;64;67;64];
Weight = [176;163;131;133;119];
BloodPressure = [124 93; 109 77; 125 83; 117 75; 122 80];

X = table(Age,Height,Weight,BloodPressure,'RowNames',LastName)
X = 

                Age    Height    Weight     BloodPressure 
                ---    ------    ------    ---------------
    Smith       38     71        176       124          93
    Johnson     43     69        163       109          77
    Williams    38     64        131       125          83
    Jones       40     67        133       117          75
    Brown       49     64        119       122          80

テーブルのサイズを求めます。

d = size(X)
d =

     5     4

変数 BloodPressure に列が 2 つ含まれていても、size は 4 つの変数としてカウントします。

ndims(X) とは異なる出力数の指定

各次元のサイズを別々の変数に割り当てます。ここで、出力数は次元数と一致します。

X = ones(3,4,5);
[d1,d2,d3] = size(X)
d1 =

     3


d2 =

     4


d3 =

     5

X の各次元に対して出力が 1 つずつあります。

ndims(X) より少ない出力変数を指定します。

[d1,d2] = size(X)
d1 =

     3


d2 =

    20

"余分" な次元は、1 つの積にまとめられます。

ndims(X) より多い出力変数を指定します。

[d1,d2,d3,d4,d5,d6] = size(X)
d1 =

     3


d2 =

     4


d3 =

     5


d4 =

     1


d5 =

     1


d6 =

     1

"余分" な変数はすべて、大きさが 1 の次元を表します。

参考

| | | |

この情報は役に立ちましたか?