ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

setpref

設定値の指定

構文

setpref('group','pref',val)
setpref('group',{'pref1','pref2',...,'prefn'},{val1,val2,...,valn})

説明

setpref('group','pref',val) は、grouppref によって指定された設定を値 val に設定します。個別の設定値には、数値型、文字列、セル配列、構造、オブジェクトなどを含む任意の MATLAB® データ型を使用できます。存在しない優先順位を設定しようとすると、その優先順位が作成されます。

group は、設定に関連するものをまとめてラベル付けします。この名前は、たとえば  'MathWorks_GUIDE_ApplicationPrefs' などのように、利用可能な変数名で、他と識別できる固有な名前を付けます。入力引数 pref は、そのグループの個々の設定を識別し、利用可能な名前でなければなりません。

setpref('group',{'pref1','pref2',...,'prefn'},{val1,val2,...,valn}) は、セル配列内の各設定を名前で指定し、それに対応する値を設定します。

    メモ:   設定値は固定値なので、MATLAB セッション間でもその値が維持されます。保存場所はシステムに依存します。

addpref を使用して、mytoolbox という設定グループを作成し、その中に version という設定を作成した後、setpref を使用して version のコンポーネントを変更します。

addpref('mytoolbox','version','1.0')
getpref('mytoolbox','version')

ans =
1.0

setpref('mytoolbox','version',{'1.0','beta'})
getpref('mytoolbox','version')

ans = 
    '1.0'    'beta'
この情報は役に立ちましたか?