ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

script

ファイルの MATLAB ステートメントの順序

説明

スクリプト ファイルは、一連の MATLAB® ステートメントを含む外部ファイルです。ファイル名を入力すると、ファイルから MATLAB の一連の入力が得られます。スクリプト ファイルのファイル名拡張子は .m です。

スクリプト ファイルは、MATLAB プログラムで最も簡単な種類のファイルです。スクリプト ファイルは、コマンド ラインから繰り返し実行する必要がある計算のように、一連の MATLAB のコマンドを自動化するために役立ちます。スクリプトは、ワークスペースの中に存在するデータを演算することも、演算するための新しいデータを作成することもできます。スクリプト ファイルが出力引数を返さなくても、スクリプト ファイルが作成する変数はワークスペースに残っているため、後の計算で使用できます。さらに、スクリプト ファイルは、関数 plot のようなコマンドを使用して、グラフィックス出力を作成することもできます。

スクリプト ファイルは、任意の MATLAB のステートントを含むことができます。宣言や開始/終了を明示する必要はありません。

スクリプト ファイルは、任意の MATLAB プログラムと同様にコメントを含むことができます。行内でパーセント記号 (%) の後に続くテキストは、コメント文です。コメントのみの行を記述することも、実行可能な行の末尾にコメントを追加することもできます。

参考

| |

この情報は役に立ちましたか?