ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

restoredefaultpath

出荷時の検索パスの復元

代替方法

関数 restoredefaultpath を使用する代わりに、関数 rmpath または関数 pathtool を使用して、[パス設定] ダイアログ ボックスを開きます。

構文

restoredefaultpath

説明

restoredefaultpath は、MATLAB® 検索パスを出荷時の状態に戻します。

    メモ:   restoredefaultpath は、検索パスが破損したため MATLAB の起動時に問題が発生した場合にのみ使用してください。検索パスの通常のクリーンアップを行うには、関数 rmpath または [パス設定] ダイアログ ボックスを使用します。

起動時に MATLAB が正しく初期化されない場合は、restoredefaultpathmatlabrc の両方を呼び出してください。詳細は、「起動時の設定で問題が発生したパス」を参照してください。

MATLAB では、UNC パス名からの restoredefaultpath の発行をサポートしていません。これを行うと、MATLAB で検索パスのファイルを検索できなくなる場合があります。UNC パス名から restoredefaultpath を使用した場合は、現在のフォルダーを絶対パスに変更して予期される動作を復元してから、restoredefaultpath コマンドを再実行します。

R2006a より前に導入

この情報は役に立ちましたか?