ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Remove

静的 .NET System.Delegate Remove メソッドに便利な関数

構文

result = Remove(combinedDelegate,removedDelegate)

説明

result = Remove(combinedDelegate,removedDelegate) は、combinedDelegate デリゲートから removedDelegate デリゲートの最後のインスタンスを削除します。

入力引数

combinedDelegate

.NET System.Delegate オブジェクト。removedDelegate デリゲートを削除する複合デリゲート。

removedDelegate

.NET System.Delegate オブジェクト。combinedDelegate デリゲートから削除するデリゲート。

出力引数

result

.NET System.Delegate オブジェクト。removedDelegate デリゲートの最後のインスタンスがないことを除き、combinedDelegate デリゲートと同じ新しいデリゲート。

代替方法

System.Delegate クラスの静的 Remove メソッドを使用します。

R2011a で導入

この情報は役に立ちましたか?