ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

realsqrt

非負の実数配列の平方根

構文

Y = realsqrt(X)

説明

Y = realsqrt(X) は、配列 X の各要素の平方根を返します。配列 X は、非負の実数でなければなりません。Y のサイズは、X と同じサイズです。

すべて折りたたむ

正の実数値の 4 行 4 列の行列を作成します。

X = magic(4)
X =

    16     2     3    13
     5    11    10     8
     9     7     6    12
     4    14    15     1

X の各要素の平方根を計算します。

Y = realsqrt(X)
Y =

    4.0000    1.4142    1.7321    3.6056
    2.2361    3.3166    3.1623    2.8284
    3.0000    2.6458    2.4495    3.4641
    2.0000    3.7417    3.8730    1.0000

R2006a より前に導入

この情報は役に立ちましたか?