ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

randperm

ランダム置換

構文

p = randperm(n)
p = randperm(n,k)

説明

p = randperm(n) は、1 から n までの整数のランダム置換を含む行ベクトルを返します。

p = randperm(n,k) は、1 から n までの範囲で無作為に選択された k 個の固有の整数を含む行ベクトルを返します。

randperm(6)
は、次のようなベクトルになります。
[3  2  6  4  1  5]
あるいは、乱数発生器の状態に応じて、1 から 6 の整数の他の並びになるかもしれません。たとえば、randperm を 2 回連続して呼び出すと、多くの場合、次のように 2 つの異なるベクトルが返されます。
randperm(6)
ans =
     5     2     6     4     1     3

randperm(6)
ans =
     4     1     6     2     3     5

 randperm(6,3)
は、次のようなベクトルになります。
[4 2 5]
あるいは、乱数発生器の状態に応じて、1 から 6 までの 3 つの整数の他の並びになるかもしれません。

詳細

すべて折りたたむ

ヒント

p = randperm(n,k) では、p には、k 個の固有の値が含まれますrandperm は、k -置換 (置き換えなしのサンプリング) を実行します。出力時に繰り返しの値を使用するには (置き換えありのサンプリング)、randi(n,1,k) を使用します。

関数 randperm は、randrandi、および randn と同じ乱数発生器を使用します。この発生器を rng で制御します。

この情報は役に立ちましたか?