ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

quit

MATLAB プログラムの終了

代替方法

関数 quit の代わりに、MATLAB® デスクトップのクローズ ボックスを使用します。

構文

quit
quit cancel
quit force

説明

quit は、設定終了時の確認が選択されている場合、確認ダイアログ ボックスを表示します。確認後、あるいは確認設定が選択されていない場合、finish.m が存在する場合は finish.m を実行した後、MATLAB を終了します。MATLAB コマンド プロンプトから quit を呼び出します。MATLAB コマンドを中断する方法は、「実行の停止」を参照してください。

関数 quit はワークスペースを自動的に保存しません。終了時にワークスペースを保存したり、他の動作を行ったりするには、そのような動作を実行する finish.m ファイルを作成します。たとえば、finish.m ファイルを使用して、終了を確認するカスタム ダイアログ ボックスを表示できます。詳細は、以下の例を参照してください。finish.m の実行中にエラーが発生すると、関数quit は無効になるので、ワークスペースを失うことなく、finish.m ファイルを修正できます。

quit cancel は、finish.m 内で使用するもので、終了作業を停止するものです。それ以外に影響はありません。

quit force は、finish.m を無視して MATLAB を終了します。この構文は、エラーのため finish.m で終了できない場合など、finish.m をオーバーライドするときに使用します。

MATLAB にはサンプルの finish.m ファイルが 2 つ用意されています。これのファイルを使用して、独自の finish.m を作成したり、ファイルの 1 つを finish.m に名前を変更して使用したりすることができます。

  • finishsav.m— MATLAB が終了するとき、ワークスペースを MAT ファイルに保存します。

  • finishdlg.m — 終了作業を中止するかどうかを示すダイアログ ボックスを表示します。このファイルは quit cancel を使用し、次のコードを含みます。

    button = questdlg('Ready to quit?','Exit Dialog','Yes','No','No');
    switch button
        case 'Yes',
            disp('Exiting MATLAB')
            %Save variables to matlab.mat
            save
        case 'No',
            quit cancel;
    end

詳細

すべて折りたたむ

ヒント

finish.m 内でグラフィックス オブジェクトを使用している場合、その Figure が表示されるように、関数 uiwait、関数 waitfor または関数 drawnow を使用します。詳細は、これらの関数のリファレンス ページを参照してください。

関数 quit の実行後に MATLAB で次の確認ダイアログ ボックスを表示するには、[ホーム] タブの [環境] セクションで [設定] を選択します。MATLAB を終了する前に確認のためのチェック ボックスを選択し、[OK] をクリックします。

参考

| | |

R2006a より前に導入

この情報は役に立ちましたか?