ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

PutFullMatrix

オートメーション サーバー ワークスペースの行列

概要

IDL メソッド シグネチャ

PutFullMatrix([in] BSTR varname, [in] BSTR workspace,
[in] SAFEARRAY(double) xreal, [in] SAFEARRAY(double) ximag)

Microsoft Visual Basic クライアント

PutFullMatrix([in] varname As String, [in] workspace As String,
[in] xreal As Double, [in] ximag As Double)

MATLAB クライアント

PutFullMatrix(h,'varname','workspace',xreal,ximag)

説明

PutFullMatrix(h,'varname','workspace',xreal,ximag) は、ハンドル h に関連付けられているサーバーに指定されている workspace に行列を格納し、変数 varname を割り当てます。xrealximag を行列の実数部と虚数部に使用します。 workspace の値は base または global です。

行列は、スカラーや空の配列にしたり、3 次元以上の次元を含めたりできません。高次元の行列を使用するには、行列を 2 次元行列に形状変更してから MATLAB® サーバーに送信します。その後、MATLAB から行列を受信して元の次元に戻します。

VBScript クライアントでは、関数 GetWorkspaceData と関数 PutWorkspaceData を使用して、MATLAB ワークスペースと数値データをやり取りします。これらの関数は、VBScript でサポートされていない safearray の代わりに、variant データ型を使用します。

この例では、Visual Basic® .NET クライアントを使用して、行列をサーバーのベース ワークスペースに書き込みます。

Dim MatLab As Object
Dim XReal(4, 4) As Double
Dim XImag(4, 4) As Double
Dim ZReal(4, 4) As Double
Dim ZImag(4, 4) As Double
Dim i, j As Integer

For i = 0 To 4
   For j = 0 To 4
   XReal(i, j) = Rnd() * 6
   XImag(i, j) = 0
   Next j
Next i

Matlab = CreateObject("matlab.application")
MatLab.PutFullMatrix("M","base",XReal,XImag)
MatLab.GetFullMatrix("M","base",ZReal,ZImag)

Visual Basic .NET クライアントを使用して、行列をサーバーのグローバル ワークスペースに書き込みます。

Dim MatLab As Object
Dim XReal(1,2) As Double
Dim XImag(1,2) As Double
Dim result As String
Dim i,j As Integer

For i = 0 To 1
	For j = 0 To 2
		XReal(i,j) = (j * 2 + 1) + i
		XImag(i,j) = 1
	Next j
Next i

Matlab = CreateObject("matlab.application")
MatLab.PutFullMatrix("X","global",XReal,XImag)
result = Matlab.Execute("whos global")
MsgBox(result)

R2006a より前に導入

この情報は役に立ちましたか?