ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

propertyeditor

プロパティ エディターの表示と非表示

構文

propertyeditor('on')
propertyeditor('off')
propertyeditor
propertyeditor(figure_handle,...)

説明

propertyeditor('on') は、現在の Figure にプロパティ エディター ツールを表示します。

propertyeditor('off') は、現在の Fgure のプロパティ エディターを非表示にします。

propertyeditor は、現在の Figure 上のプロパティ エディターの表示と非表示を切り替えます。また、代わりに propertyeditor('toggle') を使用して同じ操作を行うこともできます。

propertyeditor(figure_handle,...) は、figure_handle で指定された Fgure のプロパティ エディターを表示/非表示にします。

プロパティ エディターの起動

簡単なプロットを作成し、プロパティ エディターを開きます。

plot(1:10)
propertyeditor

代替方法

プロット ツールをまとめて有効にするには、Figure ツール バーの大きい方のアイコン を使用します。プロット ツールをまとめて無効にするには、小さい方のアイコン を使用します。Figure の [表示] メニューから [プロパティ エディター] ツールを起動/終了できます。詳細は、「グラフ内のオブジェクトのカスタマイズ」を参照してください。

詳細

すべて折りたたむ

ヒント

MATLAB® プログラムで propertyeditor を呼び出し、後続のラインが完全に初期化されているプロパティ エディターに依存する場合は、drawnow を続けて初期化を完了します。

R2006a より前に導入

この情報は役に立ちましたか?