ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

構文

  • pie(X)
  • pie(X,explode)
  • pie(X,labels)
  • pie(X,explode,labels)
  • pie(ax,___)
  • p = pie(___)

説明

pie(X) は、X のデータを使って円グラフを描画します。円グラフの扇形はそれぞれ X の要素を表します。

  • sum(X) ≤ 1 の場合、X の値は円の扇形の面積を直接指定します。sum(X) < 1 の場合、pie は円の一部のみを描画します。

  • sum(X) > 1 の場合、pieX/sum(X) によって値を正規化し、それぞれの扇形の面積を決定します。

  • X のデータ型が categorical の場合、扇形はカテゴリに対応します。各扇形の面積は、カテゴリ内の要素数を X の要素数で割った値になります。

pie(X,explode) は、円から扇形をオフセットします。explode は、X に対応するゼロと非ゼロの要素をもつベクトルまたは行列です。関数 pie は、explode 内の非ゼロ要素に対応する扇形のみをオフセットします。

X のデータ型が categorical の場合、explode はカテゴリに対応するゼロと非ゼロの要素をもつベクトルまたはオフセットするカテゴリの名前のセル配列にできます。

pie(X,labels) は、扇型のテキスト ラベルを指定します。ラベルの数は扇形の数と等しくなければなりません。X は数値でなければなりません。

pie(X,explode,labels) は、扇型のテキスト ラベルを指定します。ラベルの数は扇形の数と等しくなければなりません。

pie(ax,___) は、現在の座標軸 (gca) ではなく ax で指定された座標軸にプロットします。オプションの ax は、前述の構文のすべての入力引数の組み合わせより前に指定できます。

p = pie(___) は、patch および text グラフィックス オブジェクトのベクトルを返します。入力には、前述の構文の任意の入力引数の組み合わせを使用できます。

すべて折りたたむ

ベクトル X の円グラフを作成します。

X = [1 3 0.5 2.5 2];
pie(X)

対応する explode の要素を 1 に設定することによって、円の 2 番目と 4 番目の扇形をオフセットします。

explode = [0 1 0 1 0];
pie(X,explode)

ベクトル X の円グラフを作成し、扇形にラベルを付けます。

X = 1:3;
labels = {'Taxes','Expenses','Profit'};
pie(X,labels)

ラベルの付いた円グラフを作成して、テキスト ラベルの色とフォント サイズを変更します。

X = 1:3;
labels = {'Taxes','Expenses','Profit'};
p = pie(X,labels)
p = 

  1x6 graphics array:

    Patch    Text     Patch    Text     Patch    Text 

ラベル [Profit] の text オブジェクトを取得します。色とフォント サイズを変更します。R2014b から、プロパティの設定にドット表記を使用できるようになりました。それより前のリリースを使用している場合は、代わりに関数setを使用してください。

t = p(6);
t.BackgroundColor = 'cyan';
t.EdgeColor = 'red';
t.FontSize = 14;

要素の合計が 1 未満であるベクトル X の円グラフを作成します。

X = [0.19 0.22 0.41];
pie(X)

要素の合計は 1 未満のため、pie は円を部分的に描画します。

2 つのデータのベクトルを作成し、個々に円グラフをプロットしてラベルを付けます。

X = [0.2 0.4 0.4];
labels = {'Taxes','Expenses','Profit'};
ax1 = subplot(1,2,1);
pie(ax1,X,labels)
title(ax1,'2012');

Y = [0.24 0.46 0.3];
ax2 = subplot(1,2,2);
pie(ax2,Y,labels)
title(ax2,'2013');

オフセットされた扇形を含むカテゴリに対応したカテゴリカル円グラフをプロットします。

X = categorical({'North','South','North','East','South','West'});
explode = {'North','South'};
pie(X,explode)

次に論理ベクトルを使用して同じ扇形をオフセットします。

explode = [0 1 1 0];
pie(X,explode)

オフセットされた扇形がないカテゴリカル円グラフをプロットし、扇形にラベルを付けます。X のデータ型が categorical の場合、入力引数 explode を指定しなければなりません。扇形をオフセットせずにラベルを指定するために、空のセル配列を explode に指定し、ラベルとして labels を指定します。

X = categorical({'North','South','North','East','South','West'});
explode = {};
labels = {'E','N','S','W'};
pie(X,explode,labels)

次に 1 つの扇形をオフセットし、すべての扇形にラベルを付けます。

X = categorical({'North','South','North','East','South','West'});
explode = {'West'};
labels = {'E','N','S','W'};
pie(X,explode,labels)

関連する例

入力引数

すべて折りたたむ

入力ベクトルまたは行列。

  • X が数値の場合、X のすべての値は有限でなければなりません。pie は正でない値を無視します。

  • X がカテゴリカルの場合、pie は未定義の要素を無視します。

データ型: double|logical|categorical

オフセットする扇形。ベクトルまたは行列として指定します。

  • X が数値の場合、explodeX に対応するゼロと非ゼロの要素から成る論理値または数値のベクトルまたは行列でなければなりません。true (非ゼロ) の値は対応する扇形を円グラフの中心からオフセットするため、explode(i,j) が非ゼロの場合、X(i,j) は中心からオフセットされます。explodeX と同じサイズでなければなりません。

  • X がカテゴリカルの場合、explode はカテゴリ名の文字列のセル配列にできます。pieexplode 内のカテゴリに対応する扇形をオフセットします。

  • X がカテゴリカルの場合、explodeX 内の各カテゴリに対応する要素から成る論理値または数値のベクトルにすることもできます。関数 pie はカテゴリの順序に従って true (非ゼロ) に対応する扇形をオフセットします。

扇形のテキスト ラベル。文字列のセル配列として指定します。

axes オブジェクト。現在の座標軸 (gca) ではなく特定の座標軸に円グラフをプロットするために ax を使用します。

出力引数

すべて折りたたむ

patch オブジェクトと text オブジェクト。ベクトルとして返されます。

参考

R2006a より前に導入

この情報は役に立ちましたか?