ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

permute

多次元配列の次元の再配列

構文

B = permute(A,order)

説明

B = permute(A,order) は、ベクトル order で指定した順序で A の次元を再配列します。B は、A と同じ値をもち、特定の要素へのアクセスに必要な添字の順序は、order で指定したとおりに再配列されます。order のすべての要素は、一意な実数の正の整数値でなければなりません。

任意の行列 A に対し、ステートメント

permute(A,[2 1]) 

は、A' と同じです。

以下に例を示します。

A = [1 2; 3 4]; permute(A,[2 1])
ans =
     1     3
     2     4

次のコードは、3 次元配列を置き換えます。

X = rand(12,13,14);
Y = permute(X,[2 3 1]);
size(Y)
ans =
    13    14    12

詳細

すべて折りたたむ

ヒント

関数 permute と関数 ipermute は、多次元配列の転置 (.') を一般化したものです。

この情報は役に立ちましたか?