ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

path

検索パスの表示または変更

代替方法

関数 path を使用する代わりに、[パスの設定] ダイアログ ボックスが使用できます。

構文

path
path('newpath')
path(path,'newpath')
path('newpath',path)
p = path

説明

path は、pathdef.m に格納されている MATLAB® 検索パスを示します。

path('newpath') は、検索パスを newpath に変更します。ここで、newpath は、フォルダーの文字列配列です。

path(path,'newpath') は、newpath フォルダーを検索パスの末尾に追加します。newpath が既に検索パス上にある場合、path(path, 'newpath') は、newpath を検索パスの末尾に移動します。

path('newpath',path) は、newpath フォルダーを検索パスの一番上に追加します。newpath が既に検索パス上にある場合、path('newpath', path) は、newpath を検索パスの最前列に移動します。複数のフォルダーを 1 つのステートメントで付加するには、代わりに関数 addpath を使用します。

p = path は、検索パスを文字変数 p に返します。

検索パスを表示します。

path

MATLAB は、たとえば次の内容を返します。

MATLABPATH

	H:\My Documents\MATLAB
	C:\Program Files\MATLAB\R200nn\toolbox\matlab\general
	C:\Program Files\MATLAB\R200nn\toolbox\matlab\ops
	C:\Program Files\MATLAB\R200nn\toolbox\matlab\lang
	C:\Program Files\MATLAB\R200nn\toolbox\matlab\elmat
	C:\Program Files\MATLAB\R200nn\toolbox\matlab\elfun
...

R200nn は、R2009b のように、MATLAB のリリースを表すフォルダーです。

新規フォルダーを Microsoft® Windows® プラットフォーム上の検索パスに付加します。

path(path,'c:/tools/goodstuff')

新規フォルダーを UNIX®[1] プラットフォーム上の検索パスに追加します

path(path,'/home/tools/goodstuff')

一時的にフォルダー my_files を検索パスに付加し、関数 my_functionmy_files 内で実行し、前の検索パスを復元します。

p = path
path(p,'my_files')
my_function
path(p)

[1] UNIX is a registered trademark of The Open Group in the United States and other countries.

この情報は役に立ちましたか?