ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

pagesetupdlg

[ページ設定] ダイアログ ボックス

構文

dlg = pagesetupdlg(fig)

    メモ:    関数 pagesetupdlg は推奨されません。代わりに、関数 printpreview を使用してください。

説明

dlg = pagesetupdlg(fig) は、Figure ウィンドウ fig のページ レイアウト プロパティが設定できるダイアログ ボックスを作成します。

関数 pagesetupdlg は、[Figure ファイル メニュー] の [ページ設定...] オプションを実行します。

関数 pagesetupdlg は、単一の Figure のレイアウトの設定のみをサポートします。fig は、Figure のベクトルや Simulink® のボード線図ではなく、単一の Figure のハンドルでなければなりません。

この情報は役に立ちましたか?