ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

orient

ハードコピー用紙の設定方向の指定

代替方法

Figure を印刷する際、印刷レイアウト、用紙サイズ、ヘッダー、フォントや他のプロパティを直接操作するには、Figure ウィンドウ メニューの [ファイル][印刷プレビュー] を使用します。詳細は、『MATLAB® グラフィックス』ドキュメンテーションの「[ファイル] メニューからの Figure の印刷」を参照してください。

構文

orient
orient landscape
orient portrait
orient tall
orient(fig_handle)
orient(simulink_model)
orient(fig_handle,orientation)
orient(simulink_model,orientation)

説明

関数 orient は、現在の用紙の方向を示す文字列portraitlandscapetall のいずれかを返します。

orient landscape は、現在の Figure の用紙の方向を、ページ全体に landscape 方向 (長辺が水平になる方向) になるように設定します。Figure はページの中心に印刷され、0.25 インチの余白が付けられたページに合うようにスケーリングされます。

orient portrait は、現在の Figure の用紙の方向を portrait 方向 (長辺が垂直になる方向) になるように設定します。portrait オプションは、ページの方向を MATLAB の既定の設定に戻します(portrait オプションを使用した結果は、Figure プロパティの変更に影響を受けることに注意してください。詳細は、「アルゴリズム」を参照してください)。

orient tall は、0.25 インチの余白を残して、現在の Figure を portrait 方向のページ全体にマッピングします。

orient(fig_handle) は、指定した Figure の現在の方向を返します。

orient(simulink_model) は、Simulink® モデルの現在の方向を返します。

orient(fig_handle,orientation) は、指定した Figure の方向を、指定した方向 (landscapeportrait または tall) に設定します。

orient(simulink_model,orientation) は、Simulink モデルの方向を設定します。

詳細

すべて折りたたむ

アルゴリズム

関数 orient は、現在の Figure の PaperOrientationPaperPositionPaperUnits プロパティを設定します。後に行う印刷操作で、これらのプロパティを使用します。portrait オプションを使用した結果は、以下のような既定のプロパティ値に影響を受けます。

  • 現在の Figure の PaperType が、既定の Figure の PaperType と同じで、既定の Figure の PaperOrientationlandscape に設定されている場合、コマンド orientorient portrait は、PaperOrientationPaperPosition の現在値を使用して、ページ内の Figure を配置します。

  • 現在の Figure の PaperType が、既定の Figure の PaperType と同じで、既定の Figure の PaperOrientationlandscape に設定されている場合、コマンド orient portrait は、既定の Figure の PaperPosition を使用し、x,y と width,height の値を反対 (つまり、[y,x,height,width]) にして、ページ内の Figure を配置します。

  • 現在の Figure の PaperType が、既定の Figure の PaperType と異なる場合は、コマンド orient portrait は、現在の Figure の PaperPosition を使用し、x,y と width,height の値を反対 (つまり、[y,x,height,width]) にして、ページ内の Figure を配置します。

R2006a より前に導入

この情報は役に立ちましたか?